欧州車のメッキモールを磨きで再生と対策を簡単解説します。

欧州車の悩みの種と言いますと、メッキモールの腐食ですよね・・・

ボディがキレイでも、モール部分が気になってしまう方が多いですよね。

磨いても磨いても劣化が止まらないと悲鳴をあげてる貴方に!!

一番の保護効果が見込めるのは? これだ!!

<スポンサードリンク>

欧州車のメッキモール

欧州車乗りの最大の悩みは、モール部分の腐食ですよね・・・

これって、なんとかならないのかと思いますよね。

どうして欧州車のモールは腐食するのだろうか?

その原因は

まず挙げられるのは、素材です。

欧州車のモール部分は、アルミの削り出しでして、国産車とは全く異なる性質でして。

アルミの削り出しが、そのまま採用されて降り、なんの保護膜もないので腐食が早いのですよ。

素材そのものは、高級で高額なのですが・・・・

高級でも劣化が早けりゃ止めて欲しいよね。

もう一つの原因は、日本の気候なのです

日本の気候ってジメジメしてるじゃないですか、感が良い人でしたらお分かりかと思いますが

そうです、湿気が原因でもあります

じゃ どうしょうも無いですね・・・

たしかに、湿気が原因では何処に相談しても諦めて下さいと言われちゃいますよね。

じゃ、欧州車を製造してる本国ではクレームにならないの?

はい、なりません。

だって、湿気が無いですから(笑)

じゃ、やっぱり諦めるしかないのか?

<スポンサードリンク>

メッキモールの磨き

一番ポピュラーなのは、磨きで対処する方法です。

こんな感じで

画像は作業途中ですが、ここまで戻すに、かなりの時間が掛かりました(重症でしたので)

状態にもより変わりますが綺麗にすることは可能なのですが、酷くなればなるほど施工金額も高額になってしまいます。

それに湿気が原因では、またすぐに元に戻ってしまいます・・・・

結局は、いたちごっこ(^_^;)

たとえ磨いて綺麗にしてからコーティングしても、そんなに期待は出来ません。

じゃ、やっぱり諦めるしかないのか?

輸入車のメッキモール対策方法

色々と対策方法を実験、経過観察をしてきましたが、これが今出来る最善策かなと思う物に出会いましたよ♪

それがこの方法です。

プロテクションフィルム!!

透明な分厚いフィルムを貼る事で、メッキモールの腐食を阻止出来るのです。

施工後でも貼ってあるかも分かり難いので、見た目を気にする方でも安心できるかと♪

モールの風合いもころさず、自然な仕上がりになってますでしょ!!

これなら、湿気からも守られますし紫外線からも守られちやう優れもの。

施工金額は、お店により違いますので分かりませんが、試して見る価値はあるかと思いますよ。

そうそう、ラッピングという手段もありますね♪

プロテクションフィルムは、ボディの飛び石防止にも役立ちますし、ヘッドライトの黄ばみ防止にも役立つアイテムとなりますので、オススメしますよ^^

プロテクションフィルムとは?価格とメリットデメリットは?

ヘッドライトプロテクションフィルムをお勧めする理由とは?

自分で出来る対策方法は?

自分での対策方法は、コーティングすると言う事になり、そして新車から施工する事がおススメにはなります。

そして自分で出来るものですと


こちらの商品が良いらしいですよ。

ベンツオーナーだけでは無く欧州車全般に効果が見られましたよ。

 ベンツ史上”最鏡”を手に入れろ!

一度試して見る価値はありますが、絶対に腐食しない訳ではありませんので。

でも、少しでも劣化を遅らせることが出来ればOKでしょう!!

<スポンサードリンク>

まとめ

素材そのものが、国産車のメッキモールとは違います。

湿気が一番の原因で、磨けば綺麗に戻すことは可能ですが結局はもとに戻ってしまいます。

メッキモールにもプロテクションフィルムやラッピングで対策を。

これで、かなりの対策になるかと思いますよ。

当店のHPはこちらから。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG