ヘッドライトプロテクションフィルムをお勧めする理由とは?

ヘッドライトプロテクションフィルムって知ってますか?

ここ最近、凄く人気のある商品です。

その理由としましては、ヘッドライトの黄ばみ劣化かから守ってくれるんですよね!!

そんな、ヘッドライトプロテクションフィルムの事を知って頂きましょか^^

 

<スポンサードリンク>

 

ヘッドライトプロテクションフィルムって?

 

簡単に言えば、ヘッドライトにも貼れるフィルムって事です。

 

そのまんまですが(笑)

 

そして、このフィルムの特徴ですが暑さが150μありフィルムの中でも分厚いフィルムになってます。

 

フィルムだから、貼ってあるのが目立つのでは?

 

とお思いの貴方。

 

安心してください、目立ちませんから!!

 

よ~く見なければ分かりませんよ。

 

それに安心の車検対応ですから!!

 

 

ヘッドライトにフィルムを貼る理由ってあるの?

 

 

<スポンサードリンク>

 

ヘッドライトプロテクションフィルムを勧める理由とは?

 

それは勿論、劣化や傷などからヘッドライトを保護することが目的です。

 

新車で、購入したとしても早ければ1年で。

 

殆どの車両が2年~3年ほどで、ヘッドライトに黄ばみが発生すんですよね。(保管環境にもより変わります)

 

その現象からヘッドライトを守る為に施工するんですよ。

 

酷くなれば、車検に合格できなくなってしまう場合もありますから。

 

それに、交換ともなれば、〇万円、〇〇万円にもなってしまうんですよね・・・

 

そうならない為にも、プロテクションフィルムを新車の時から貼っておく事をお勧めする理由なんですよ!

 

 

 

プロテクションフィルムは劣化しないの?

 

劣化しますよ(-_-;)

 

それは正直無理なんですよね・・・・

 

ようはヘッドライトの身代わりになって、フィルムが劣化してくれると言う訳なんです。

 

ですので、フィルムが劣化したら剥がせば、綺麗な状態のヘッドライトがお目見えしますよ。

 

再度、プロテクションフィルムを貼ることも出来ますし、貼らない選択も可能です。

 

新車から貼っておけば、なおさら安心だと思いますよ^^

 

 

じゃ、劣化したヘッドライトにも施工できる?

 

 

経年劣化したヘッドライトにも施工可能です。

 

 

ただその場合には、ヘッドライトの状態や貴方の好みにより施工方法が幾つかあるんですよ。

 

あまりにも劣化状態が酷い場合には、サンドペーパーにて劣化皮膜を削ぎ落とす事になります。

 

例えば、このような状態だったりしますと。

クラック(ひび割れも)も発生しておりますから。

 

劣化皮膜をそぎ落としてあげれば

 

 

綺麗になりますので、この後にプロテクションフィルムを貼れば長期にわたり保護できるんですよ。

 

劣化具合が酷くなければ、コンパウンドで磨いてからプロテクションフィルムを貼ることも、もちろん可能です!

 

やはりヘッドライトが黄ばみや劣化していると、車年齢が古く見えますから。

 

 

その他には、メリットはあるの?

 

 

プロテクションフィルムのメリットは?

 

まずは、先ほども述べたように、黄ばみ劣化から保護してくれます。

 

ヘッドライトの黄ばみ劣化の主な原因は紫外線でありますが、プロテクションフィルムには、その紫外線をカットできるんですね。

 

 

そのほかに、飛び石による傷からも守ってくれます。

 

プロテクションフィルムの種類にもよりますが、傷の復元機能もありますので大変いいものだと思いますね!!

 

それに、ヘッドライトだけに使えるだけではありませんので

 

ドアの爪傷防止策で、貼る方も最近では非常に増えてますよ^^

もちろん、貼ってあるもわからないレベルですので。

 

ボンネットやバンパー等にも貼ることもできます、ただ金額は高額になってしまいますのが唯一のデメリットでしょうか。

 

ヘッドライト関連の記事です。

サンドペーパーを使うときの注意点

ヘッドライトの磨きには注意を

ヘッドライト黄ばみ劣化の原因と防止策は?

 

ヘッドライトの良く読まれている記事ですよ^^ 参考までに。

 

これで、少しはヘッドライトの悩みの解決になればと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ

 

ヘッドライトプロテクションフィルムは、150μの分厚いフィルムです。

ヘッドライトの黄ばみ劣化から保護してくれますよ。

新車から貼って置けば長期にわたり保護が可能(3年~5年程でしょうか)

古くなったら貼りかえればOKですし。

経年劣化したヘッドライトにも施工は可能です。

ヘッドライトだけではなく、バンパーやボンネット、ドアハンドル部分にも施工可能です。

 

 

 

<スポンサードリンク>
最新情報をチェックしよう!