プロフィール

NO IMAGE

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

 

高校生の頃から、自分で商売をやりたいなと漠然と思っていましたが

 

これといって、やりたい事も無く遊びとアルバイトに夢中だった高校時代。

 

進路を決めるとき、進学とゆう文字は頭になく(勉強嫌いでしたから)

 

就職をどこにしようかと悩んでいた時に、アルバイト先の先輩から就職決まったかと聞かれ

 

○○会社にしようか迷ってますと答えたら、辞めとけと(笑)

 

人生の先輩がそうゆうなら辞めますと(爆)

 

どっか良い就職先教えて下さいと言ってみた所、ここで良いじゃんって(アルバイト先)

 

まっ、長くアルバイトもしてましたし、家からも近かったし、楽しい職場だったので

 

じゃここにしますって感じで、トントン拍子で決まっちゃいましたね。

 

この就職が自分の転機になるとは思いもしませんでした。

 

就職先は、ガソリンスタンドですが、普通のガソリンスタンドでは無く

 

 

サービスエリアのガソリンスタンドですので365日24時間営業ですので

 

盆正月もなく働いてましたね^^今振り返っても嫌な思い出は無く楽しかったの一言!!

今でも、その当時の従業員とは仲良しです(みんな違う仕事になってますが)

それに、この当時はお金が欲しければ、好きなだけ働かせてくれたので

来月出費が多そうだなと思えば休日出勤して働いてました。

 

そして、この時に車をキレイにする仕事に出会ったんです!!

就職先のアルバイトの方が、コーティング屋さんを始めたんですよ

 

田舎ですので、車は必需品かつキレイにして乗っていたいと思い

自分の車の施工をお願いしたんです。

帰ってきた車が、ピカピカで感動したんですよね^^

 

で、時間があればその人の所に行き勉強させてもらったりしてました。

その後、転勤を命じられ・・・・ 都会のガソリンスタンドに。

 

そこでは、車を磨いたりコーティングしたりしてましたので、毎日のように磨いたりしてました。

でも、ガソリンスタンドですので磨く仕事に集中出来ないんですよね・・・

 

給油のお客さんも沢山来ますしね。自分の中では、それが嫌で嫌で(笑)

だから仕事辞めました(笑) 全く計画も無く・・・ 若いって良いね^^

 

その後、自分で磨き屋を始めようかと考えましたが、その前にカー・フィルムを覚えようと思い

いざ就職活動。二件ほど電話で働かせて下さいと連絡をしましたが

一件目は断られ、二件目は営業だったら雇うよと言われ断念

困ったなぁと思いつつ、旅行に出かけました(笑)

 

旅行から帰って来て就職活動を再開して、すぐ就職が決まりました。

 

カーフィルムの難しさを体感し挫折しそうに

やる気満々で就職しましたが、早くも不安に襲われます・・・・

 

俺に出来るのか?

あの当時のリアガラスのフィルムの貼り方は、分割で貼るのが普通で、それが難しくて難しくてね。

泣きたくなるくらい。

 

でも一度決めたことは頑張る性分ですので、練習に次ぐ練習で徐々に上達し

先輩から離れ、1人で現場に行かせてもらうまでに。

 

その後数年、修行をしまして独立開業しました。

 

 

念願の独立

 

 

心は、ウキウキワクワクでしたね~

 

ダメならダメで、再就職すればいいやって(笑) かるい感じでした。

 

そうと思いながらも、成功させたいと思うのは当たり前ですので

 

毎日、営業 営業 営業してました。

そのかいもあり、徐々に仕事も頂けるようになり充実した日々を過ごしておりましたが

毎日、仕事があるわけでもなく・・・・ 暇な日も当然ありました。

 

それでも、明るい未来を目指して邁進してました(^^♪

 

そのうち、色々な仕事の話が舞い込んできまして、今の場所が手狭になったので

 

作業場も別の場所に構え必死に仕事だけしてましたね。

夜中だろうが休日だろうが(今もそうですけど)

 

そうしますと、もう一人では回せない仕事量になり

人も雇うまでに!!

 

でも、人を雇うって大変だと雇ってからきずきました・・・・

 

その後、順調に売り上げも、人も増え順風満帆の日々を過ごしておりましたが

 

 

リーマンショック

 

 

ニュースで、いろいろ騒いでいましたが、そんなに関係ないだろうと思っていましたが

 

徐々に田舎にも押し寄せてくるとは・・・・・

 

車は売れなくなる=仕事がない

 

従業員の給料は払わなければならないし、家賃も払わないと行けないわで

 

もうどん底って感じでした。

 

そして、ついに決断をします

 

それは、従業員の解雇と作業場の撤退

もう、この時は悲惨でした。身も心も

 

この時に、心に誓いました。

 

この先、忙しくなっても人は雇わないと。

ある意味、自分の力量や覚悟もなく人を雇い、挙句の果てには辞めてもらう結果になり

情けないやら不甲斐ないやらで。

 

今でも、その時の気持ちに変わりません。

 

再出発

 

 

暗い気持ちのまま再出発となりましたが

 

そんなことじゃ、上手くいくことも上手くいかないと思い

 

明るく元気に過ごそうと必死でしたね。結婚もしてましたし

子供もいましたからね、

 

そして、今現在に至るのですが

 

おかげさまで、たくさんの人に支えられ

 

元気に営業中です。