CX-30の常時電源アクセサリー電源の取り出しの説明書

お待たせ致しましたm(__)m

数件のお問い合わせがありました、CXー30の常時電源、アクセサリー電源の取り出し場所。

電源の取り出し場所さえ分かれば怖いもん無しですからね!!

今回は、運転席側からも助手席側からも取り出し可能ですので、取り付ける物により好きな方から取り出して頂ければと思います。

これで、ETCもドライブレコーダーも自分で取り付けられますよ^^

是非、参考にして見て下さい。

<スポンサードリンク>

CXー30電源取り出し場所・運転席側

まずは、運転席側からの常時電源・アクセサリー電源の取り出し場所から。

運転席側には、ディーラーオプションのETC取り付けに使うカプラーがありますので、そこから取り出すのが一番簡単ですし安全かなと思われます。

この奥にあります。

ここのカバーを外しますと(後から外し方も解説致しますので)

ビニールテープに巻かれた、黒の4極カプラーがあります。

配線色の水色が常時電源灰色がアクセサリー電源となってます。

アースはお好きな所から取り出して下さいね^^ 簡単に電源取り出しに成功です!!

運転席側の外し方

ある意味、外す方が時間が掛かると思われます。

まずは、助手席側のインストルメントパネルを取り外しますが、結構硬いので慎重にね!!

ハマってるだけですので手前に引っ張れば外れますよ(マツダ車は殆ど同じです)

次に、運転席側のエアコンの吹き出し口も外します。

こちらも同様にハマってるだけですので手前に引っ張ります。

次に運転席側のスカッフプレートとフロントサイドトリムを外して下さいね。

スカッフプレートは上から抑えながらツメを外してあげると簡単で、サイドトリム側面のピンを外し後方に引っ張れば外れます。

サイドトリムを外すと、10ミリのネジがありますので外して、最後はボンネットレバーを外しましょう。

上記画像の部分に-ドライバー若しくは精密ドライバーを差し込んで、押さえながらボンネットレバーを手前に引っ張れば外れますよ^^

外した画像で押さえる場所を確認して下さい。

後は、ロアパネルを外して配線外せば完了ね^^難しい部分は、ボンネットレバーを外し所かな?? 他は傷を付けないように慎重に作業しましょうね。

次は、助手席側から取り出す方法です。

<スポンサードリンク>

CXー30電源取り出し場所・助手席側

助手席側からも電源の取り出し出来るか外して見たら、ななななななんとmazda3と同じじゃんと言う事に気が付きましたで(笑)

下記を参考にして頂けたらと思いますm(__)m

関連記事

MAZDA3が遂に入庫致しました^^ 今回の依頼は、これまたドライブレコーダーの取り付けですので 常時電源・アクセサリー電源の取り出しが必要になって来ます。 これで、自分でETCやレーダー、ドライブレコーダーまで出来ちゃい[…]

外し方も、ほぼ同じですので大丈夫かと思われます。

次は、ヒューズボックスからの取り出し方法の解説。

 

ヒューズボックスからの電源取り出し

一応、ヒューズボックスからも取り出せるかなと思いまして。

ヒューズボックスもmazda3同様でアクセサリー電源は無かったと思ったな(笑)

オーディオも常時電源だったし。

一応、ヒューズボックスの取説をm(__)m

くれぐれも作業は、自己責任でお願いしますねm(__)m

少しでも参考にして頂けたら幸いです^^

そう言えば、CX-30にマニュアルってあるんですね(゚Д゚)

それも6速。おったまげ~(笑)

<スポンサードリンク>

 

まとめ

CXー30の常時電源・アクセサリー電源は運転席側からも助手席側からも取り出せます。

運転席側からは、ETCのカプラーから。

助手席側は、mazda3と全く同じ場所からの取り出しでOKです。

ヒューズボックからは常時電源しか出て居ませんでした。

これで、ETCやドライブレコーダーの取り付けも出来ますよ♪

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG