車の未来は?燃料は?空飛ぶの?昔の漫画みたいにね!!

車の未来を想像したことがありますか?

 

なんでもそうですが、未来を想像するとワクワクしません?

 

特に車の未来を考えると、ワクワクドキドキです^^

 

 

新型の車が登場すれば、過去のモデルとはどのような点が違うのか?

 

何処が進化したのか?

 

 

車の未来としてよく、話に上がるのが某アニメのように「空を飛ぶことができる車」や「自動運転」などではないでしょうか?

 

確かに、そんな車があれば、とても夢があっていいですね。

 

では、今回は車の未来はどのようになっているのか?燃料や空を飛ぶのか?

 

 

<スポンサードリンク>

 

 

車の未来は?

 

 

 

まずはみなさんで車の未来について想像してみましょう。

 

 

みなさんはどのような車が欲しいですか?

 

 

冒頭でも少し、紹介しましたが「空飛ぶ車」や「自動運転」などを想像することが多いですよね。

 

 

 

「空飛ぶ車」であれば、渋滞なども避けられるかもしれません。

 

 

 

「自動運転」であれば、遠出するという場合でも寝ている間に目的地についているかもしれません。

 

 

車の未来を考えれば、キリがないのですよね!

 

 

 

今はホンダ車ではHonda SENSINGが搭載されています。

 

 

 

そのHonda SENSINGはとても優れた機能であり、少しでも車線からはみ出せば修正してくれ、前との車との距離を考えて走行してくれるので自動運転まではいきませんが半自動運転といった感じです。

 

 

 

 

これも未来は完全自動運転化されるのでしょうか?

 

 

 

また、日産車では電気自動車が今はメインになっており、電気で走行する車がありますよね。

 

 

これは過去に私たちが夢見ていたことでガソリンを使わない走行車であると言えます。

 

 

このように過去に想像していたことを実現してきているのも事実なのです。

 

 

 

私はホンダ車に乗ったこともありますし、日産車に乗ったこともあります。

 

 

どちらもそれぞれの素晴らしい機能があり、静かで滑らかな走行をすることができました。

 

 

車に乗っているとどんどんと夢が広がっていくような感じがして、とても素晴らしいと思いました。

 

 

 

車の未来はどうなるのか?についての予想を立てることは簡単ですが実際に実現するということはあり得るのでしょうか?

 

 

では、まずは未来の車の燃料はどのようになるのでしょうか?

 

<スポンサードリンク>

 

未来の車の燃料は?

 

 

 

今は一般的にガソリンかハイオクか軽油です。

 

 

 

 

これ以外にもハイブリッド車として、半分電気で半分ガソリンという車がメインになっているといった現状です。

 

 

先ほども紹介したように日産車では電気自動車がメインになってきています。

 

 

 

電気だけで走行するので電気代だけで済みますし、ガソリン代がかからないので維持費が安いと言えます。

 

 

 

また、トヨタが近年力を入れているのが水素自動車です。

 

 

 

水素の力だけで走行するというもので環境にも優しく、財布にも優しいものになっています。

 

 

 

しか、今後の未来の車の燃料はこれだけではありません。

 

 

 

予想として、出されているものはアンモニアです。

 

 

 

アンモニアであれば、輸送もしやすいですし、貯蔵もしやすいというメリットがあります。

 

 

また、アンモニアは常温で液化しやすいのでコストもさほどかかりません。

 

 

このようにアンモニアのほうが維持費も安いのでとても私たちの生活に助かるのです。

 

 

 

ガソリン車であれば、二酸化酸素を排気ガスで出していますがアンモニアや水素であれば、二酸化炭素は排出されることはなく、水や水蒸気として排出されるので環境にも優しく、地球温暖化対策にもなっているのです。

 

 

 

私も水素自動車と聞いたときは驚きました。

 

 

 

一方で車が空を飛ぶ日は来るのでしょうか?

 

 

 

車は空飛ぶの?

 

 

 

結果からいうと、車が空を飛ぶ未来は来ます(たぶん)

 

と言いますか来てほしいと思う願望ですが・・・・

 

 

でもそれも、まんざらじゃなさそうなんですよね。

 

 

テレビでスカイカーとして、紹介されていたんですよ!!

 

 

陸では普通に車と同じく走行することができ、空を飛ぶ場合は横の部分から羽が出て、空も飛ぶことができるというものです。

 

 

また、それだけでなく、タイヤも何もついておらず、タイヤの部分にモーターのように車自体を浮かばせることができる装置がついています。

 

 

 

この装置によって、浮かんだり、そのまま道路を走行することもできるのです。

 

 

 

ただ今は開発段階ですけどね。

 

 

 

開発段階ではありますがあと数年したら発売されるとの噂もあります。

 

 

なので、車が空を飛ぶというのは夢ではなく、現実のものになる確率のほうが高いのです。

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ

 

 

 

車の未来はどのようになっているのか?燃料や空を飛ぶのか?について紹介してきました。

 

車はとても素晴らしいものです。

 

昔は車などなく、馬車でしたよね。

 

それから、海外でモーターがついたり、エンジンがついたりしたものが発売され、どんどんと進化を遂げて、今のような電気自動車や水素自動車、空を飛ぶ車などが開発されたのです。

 

きっとこれからも車は進化を遂げていくでしょう。

 

次は自動運転、その次は空を飛ぶ車、さらに燃料などに進化が加わり、どんどんと人が想像しているものが現実になっていきます。

 

楽しみにして待つのが一番ですね。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG