ウルトラビジョンと類似品フィルムとの違いって分かる?

ウルトラビジョンに似た、カーフィルムがある事知ってますか?

 

まっ 人気がでれば似たような物が発売されるのは普通ですからね。

 

でも、駄目な事はウルトラビジョンですよと言いながら類似品を施工したりする事。

 

てな事で、ウルトラビジョンと類似品との違いを調べてみた。

 

<スポンサードリンク>

 

ウルトラビジョン

 

 

ウルトラビジョンは、光の当たり具合により色がマジョラーカラーに見えたりします。

 

種類も今現在販売されてるのは、4種類ほどあり、その違いは透過率が違う事ですね。

 

透過率が低い程、マジョラーカラーが際立ち、最高に目立っちゃいますので、目立ちたくない人は辞めて下さい。

 

 

ウルトラビジョンには、ウルトラビジョンと印刷されてます。

 

こんな感じで。

 

剥離紙のほうに印刷されているんですよ。

 

 

ウルトラビジョンのフィルムのサイズは、1520センチ幅で、このサイズしか販売されてません。

 

 

類似品の特徴は?

 

 

 

類似品のカーフィルム

 

 

類似品のカーフィルムは、自分が調べたところによりますと、2社から発売されてる見たいです(たぶん)

 

間違ってたら、ごめんなさい・・・

 

で、そのうちの1社から購入してみました。

 

こちらには、なんの文字も印刷されていませんでした。

 

パッと見は、全く分かりませんね。

 

 

こちらのフィルムのサイズは、1016センチ幅です。

 

 

もう1社からは、違うサイズの物も発売されてますね。

 

 

では、違いを検証してみましょうか。

 

<スポンサードリンク>

 

ウルトラビジョンと類似品の違いを紹介します。

 

 

まず、大きな違いはフィルムそのものの厚みが全然違いますね。

 

ウルトラビジョンは、厚く、類似品は薄いですね。

 

厚いから良いとか、薄いから悪いとかではありませんから!!

 

この2種類を比べた結果ですからね。

 

さわれば、誰でも分かるレベルの違いです。

 

 

じゃ、色の違いはあるのか?

 

実際に仮貼りをしてみました。

 

こちらは、類似品のフィルムです。

 

そして

 

ウルトラビジョンです。

 

 

違いが、分かんねぇ~(笑)

 

 

光の加減等で変わりますので、どっちがどっちか分かりません。透過率も殆ど変わりませんし。

 

 

てことは、ウルトラビジョンと言いながら類似品を貼っても見分けが付かない?

 

剥がせば分かります(笑) 厚みでね。

 

 

いやいや、そんな勿体ない事出来ないわと言う声が聞こえそうですが。

 

まっ パッと見で見分ける事は難しそうですが、1つだけ決定的な違いがあるんですよ。

 

 

それは、ウルトラビジョンには印刷された文字がありましたよね。

 

 

じつは、この文字を消したとしても、残るんですね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

この文字は、剥離紙のほうに印刷されているのですが、その時の圧着でフィルム自体にも文字が映り込んでいるのです。

 

 

普通に見れば、全く分かりませんが、この文字も光の加減で見え隠れすんですよ!!

 

 

知ってましたか?

 

これが、ウルトラビジョンと類似品を見分ける手段の1つとなります。

 

これが、意図的に作られたかは分かりませんが・・・・

 

 

施工する側から言いますと、類似品の方が断然貼り易い!!って事ですね。

<スポンサードリンク>

 

まとめ

ウルトラビジョンには、ウルトラビジョンと印刷されており、フィルムの幅は1520センチ幅のみです。

 

類似品には、何も印刷もされていませんし、サイズも今回購入した1社の物は1016センチ幅でした。

 

大きな違いは、厚みが違います。

 

印刷された部分が、フィルム自体にも残っており光の加減でウルトラビジョンと室内から見える時があります。

 

 

<スポンサードリンク>
最新情報をチェックしよう!