車の購入の流れと必要書類は?購入代金の支払いは何時払う?

車の購入の流れと必要書類は?

 

購入代金の支払いは何時払うの?

 

車の購入というのは一世一代のことです。

 

マイカーを初めて購入するというはどのような書類を準備すべきなのか?

 

購入の際はどのような流れになるのか?

 

など様々な疑問が生まれますよね。

 

もちろん、初めてでわからないというのは仕方ないことです。

 

なので、この際、車の購入の流れや必要な書類などについて基礎的なことを学びましょう。

 

では、今回は車の購入の流れや必要書類について紹介していきます。

 

<スポンサードリンク>

 

車の購入の流れ

 

 

車の購入にはある程度の流れがあります。

 

この流れさえつかんでしまえば、とても簡単に購入することが出来ますので

 

まずは車の購入の流れについて紹介しますね^^

 

車の購入というのは中古車であっても、新車であってもだいたい同じ流れになります。

 

新車・中古車など欲しい車を探す

ネットの場合はお問い合わせしてみる

店舗に実際に行って現車時確認、試乗

見積もり、値引き交渉

契約の手続き(審査)

銀行などに手続き

 

必要書類の作成

任意保険の加入や検討

金額の支払い

納車

 

 

このような流れになっています。

 

とても長いように感じますがどの車を購入するのか?が決まってしまえば、あっという間です。

 

また、見積もりの際に多くの人は1回見積もりしてもらうのではなく2回~3回ほど足を運んで値引き交渉したり

 

オプションを決めたりと(この時が一番楽しかったりもします)

 

販売員さんと仲良くなるのも良いと思いますね。

 

 

出来れば、違う販売店い行って見積りをしてもらうのも良いですよ!!

 

納得のいく金額に近づけるように足を運んでみましょう。

 

 

 

それが終わるとあとはほとんどディーラーや中古車販売店が行ってくれるので私たちがするのはお金を払ったり保険に加入したり、必要書類に記入するだけで済みます。

 

 

流れを掴んでおくとスムーズにいくので頭の片隅にでも入れておきましょうね!

 

 

そこで、大事なのは必要書類になってきます。

 

<スポンサードリンク>

 

車購入の必要書類は?

 

 

 

見積もりや契約の手続きが終わると、書類が必要になってきます。

 

必要な書類の作成はディーラーや中古車販売店がしてくれるのですが、それ以外にこちらで準備しなくてはならないものもあります。

 

いざという時に慌てないためにも必要な書類について覚えておきましょう。

 

では、紹介していきます。

 

・実印

・印鑑証明書

・車庫証明書(販売店が代行してもくれますが、自分でも申請が可能)

・住民票(軽自動車の場合)

・身分証明書

 

 

この5つが自分で用意しなければならない必要な書類になります。

 

 

普通車を購入する場合は実印が必要になりますが軽自動車の場合は認印で大丈夫です。

 

 

また、車庫証明書が必要です。

 

 

代行手数料を節約したいのあればご自身で警察に行って申請する方法もありますし

 

 

自分で申請するのがメンドクサイと思う方は、販売店に任せれば大丈夫ですよ。

 

 

また、ディーラーや中古車販売店が書類を用意してくれて、それに沿って自分で記載したり、申請をしなくてはならないものもあります。

 

 

・自動車検査証

・自賠責保険証

・委任状

・保管場所証明申請書

・保管場所使用承諾証明書 or 保管場所使用証明書

・保管場所の所在地、配置図

 

 

これらはディーラーや中古車販売店が準備してくれたり「申請してきてください」、「書いてきてください」と渡されたりします。

 

なので、決まった日までに書いたり、申請したりして準備しておきましょう。

 

これらの必要書類がなくては車を購入することができないので、注意するようにしましょう。

 

まっ 全て販売店が教えてくれるので安心ですが(笑)

 

 

契約も終わり、必要書類の提出も終われば、気になってくるのが、お金を何時支払うのか??

 

 

 

代金は何時払うの?

 

 

ローンの審査が通ったり購入が決定したとしても代金の支払いはいつするのか?

 

 

というのは気になりますよね。

 

いつ支払いするのか?を覚えておけば心構えすることができますし、お金の準備というのもあるので役に立ちますよ。

 

 

現金で一括で支払いする人もいれば、ローンで支払いしていくという人もいるかと思います。

 

 

では、今回はその両方の支払いのタイミングについて紹介していきます。

 

基本的に現金で一括で支払いするという場合も2回に分けて支払いするという人が主です。

 

 

1回目の支払いでは頭金と言って、支払い総額の10%ほどの支払いをします。

 

 

そして、2回目の支払いで残りの残金を支払いをします。

 

 

1回目は契約成立した時に支払いします。

 

2回目は車が納車されて車両の確認をして納車&納車証明書に押印をしてから残金の支払いを行ないます。

 

 

ディーラーや中古車販売店で現金を支払いしてもいいですし振り込みでもいいとなっています(大金を持ち歩くのも怖いですから)

 

 

現金一括の場合の支払いタイミングや方法についてはディーラーや中古車販売店によっては違うことがあるので確認してみたほうがいいでしょうね。

 

 

また、ローンの場合で支払いするときはいつから?

 

 

どのようなタイミングで支払いするのか?も気になりますよね。

 

 

ローンを全額組むという人もいれば頭金を支払い残りをローンにするという人もいますよね。

 

 

頭金を支払いするという場合は契約が完了してからすぐに支払いします。

 

 

これは現金一括の時の頭金の支払いと同じタイミングになります。

 

 

また、ローンの開始は契約が成立し、納車された翌月からの支払いになります。

 

 

これはローンを全額組むという人も納車がされてからの翌月か契約が完了した翌月から若しくは翌々月からの

 

 

支払い開始になります(翌々月からの場合は初回に2回分の引き落としになります)

 

 

ローン会社によっては支払い開始する日が違ってくるので前もって確認しておきましょう。

 

 

もし、「その月からの支払いは難しいな…。」

 

 

という場合はローン会社に相談しましょう。

 

 

翌々月に変更してもらうことができるかもしれません?

 

 

現金一括で支払いする場合もローンで支払いする場合もいつから支払い開始なのか?

 

 

いつ支払いすればいいのか?

 

 

を確認しておいてお金を準備しておきましょうね。

 

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ

 

車の購入の流れや必要書類について紹介してきました。

 

車を購入するときはしっかりと流れや必要書類を覚えておくようにしましょう。

 

自分で欲しい車を選んで

その車の見積もりをしてもらい納得がいけば、契約になります。

 

契約すると後は必要な書類を期日までに準備して、書類に不備がないようにしましょう。

 

必要な書類として実印がありましたが実印を持っていない場合は実印を作ってから

 

各市区町村の役所で登録する必要があるので

 

車の購入予定がある場合は前もって作って登録しておくようにしましょう。

 

また、契約成立した時や必要書類を提出するときに現金一括の場合や

 

ローンで頭金を支払いする場合は頭金分のお金も準備しておく必要があります。

 

現金一括の場合は納車したときに残りのお金を支払いしたり

 

ローンの場合は、翌月からか翌々月に2ヶ月分の支払いになります。

 

お金をいつ支払いすればいいのか?

 

というのもしっかりと確認しておきましょう。

 

車の購入というのはとても大きな買い物なので手順や必要なものを覚えておくようにしましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか?大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか?そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG