タイヤに窒素ガス?メリット・デメリットと価格から判断して

タイヤには窒素ガスを入れたほうがいい。

って耳にしたことがあるかと思います。車乗りたてのか人からしたらタイヤに窒素ガスとは?ですよね…。

ガソリンスタンドで

私も初めてガソリンを入れるついでにタイヤの空気圧を点検する時に窒素ガスは如何ですかと言われびっくりしました。

実は、空気より窒素ガスの方が抜けにくいんですって^^

 

なので、ここでは窒素ガスのっメリットやデメリット。

価格などについて紹介していきます^^

<スポンサードリンク>

タイヤに窒素ガスって何?

 

窒素ガスは不燃性・不活性のガスで、通常空気中に約78%の割合で含まれています。

酸素に比べてタイヤの素材であるゴム分子を通り抜けにくいことが特徴!

そのため、タイヤの空気圧が低下しづらくなるのです!

また、タイヤに使用されるゴムや、金属製のホイール部分は水分と酸素に触れることで酸化してしまいます。

そのため酸素量と水分量が少ない窒素ガスを充填することでタイヤの酸化防止にもなります。

 

お~ タイヤに窒素ガスって良いじゃん!!

て思いますね。

 

次にメリット・デメリットは?

 

 

窒素ガスのメリット・デメリット

 

窒素ガスのメリット

①空気が抜けにくい

②空気圧が減りにくいから、燃費がいい状態で保てる

③温度変化に強い

④ホイールをサビ等から守る

⑤走行中のノイズが減る

 

空気に比べて、ゴム表面から外部に漏れにくいのが最大の特徴となっています♪

 

また、航空機のタイヤやF1マシーンのタイヤにも空気の代わりとして使われることが多いそうですよ!

 

なぜ上記の2つに使用してるのか?

 

理由としては、③の温度変化に強い。

タイヤと路面の摩擦により影響を大きく受けるんです。

そのため、窒素ガスは熱膨張に対して、湿度変化がしにくい特徴が優れているからなんです。

 

その他にも、燃費がいい応対で保てるのもいいですね♪

 

次にデメリットを紹介していきます。

 

デメリット

 

窒素ガスのデメリット

①補充するには、同じ窒素ガスを補充しないと効果がない

②補充する際は、設置店に行かないといけない

③圧が減りにくいだけあって、絶対に減らない訳ではない

④実際に充填しても、体感しにくいこと

 

デメリットとしてはこの4つですが、そこまでデメリットを感じませんね。

 

では、タイヤに窒素ガスを入れた場合の価格は?

 

<スポンサードリンク>

 

タイヤに窒素ガスを入れた場合の価格は?

 

エアーの入れ替えで1本約500円だそうです。ということは、4本全部変えたら2000円ですね。

窒素ガスでなければ無料で入れてくれますが、窒素ガスを入れるだけで2000円の出費は痛いですね…

 

でも、カー用品店やディーラーによっては1度窒素ガスへ入れ替えたらその後は無料になるところもあるんだそうですよ!

全部が全部無料になるとは限らないので事前に調べてから行くことをおすすめします^^

でも窒素ガスって減らない訳じゃないから減った場合は、空気と混ざっても大丈夫なのか?

 

それとも、また窒素ガスじゃ無ければ駄目なのかな?

 

空気と混ざっても大丈夫なの?

 

窒素ガスと空気が混ざっても問題はありません。

そもそも空気にも約78%の窒素が含まれているんですよ^^

そのため、窒素タイヤの中に空気を入れたとしても異様な化学変化が起きることはありません!

ただし!あまりこまめに空気を入れすぎてしまうとせっかくの窒素100%のタイヤが単なる空気タイヤになるから、空気圧が下がりすぎるようなら窒素を充填したお店でタイヤのチェックを行いましょう!

<スポンサードリンク>

 

まとめ

 

タイヤに窒素ガスを充填することで劣化を抑え、空気圧を安定させることで燃費もよくるんです!

ですが、維持費が高いから普通の空気タイヤか窒素ガスで悩みますね…。

それに、3ヶ月に一回は2000円の出費があります。

そのためメリット・デメリット、出費をよく考えたうえで窒素ガスに変えるかどうかを決めましょう。

 

経験の為に、違いを感じる為にも一度入れてみるのもありじゃないでしょうか?

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか?大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか?そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG