ヘッドライト黄ばみの磨きに警告。それがかえって劣化を進行させる

ヘッドライトの曇り黄ばみを磨きで解決しようとしても

 

結局は、その場しのぎになっていませんか?

 

むしろ初めより、ひどくなってる?

 

実は、その原因が磨きだとしたら・・・・

 

 

<スポンサードリンク>

 

ヘッドライトの磨き

 

 

最近、ヘッドライト磨きますの文字を最近よく見かけます。

 

施工経験がある方も多いかも知れませんし

 

自分でやってみたって方も居るかも知れませんよね?

 

 

で、その後はどうでしたか?

 

2、3カ月で元に戻ってませんか?

 

以前よりも酷くなっていませんか?

 

 

実は、その原因は磨き作業だとしたら・・・・

 

 

あなたはどう思いますか?

 

 

それってほんとうなの??

 

<スポンサードリンク>

 

磨き作業が原因の1つでもあります。

 

 

磨く時に使われるコンパウンドの油分がヘッドライトに残り

 

劣化を早める危険性があるのです。

 

 

特に油性コンパウンドを使用すると、この症状が秩序に現れますね。

 

 

油性コンパウンドですと、洗っただけでは油分が落ちずに

 

 

ヘッドライトの傷の隙間などに残り、その油分が悪さをするってかんじでしょうか。

 

 

その上に、コーティングしたとしても同じような結果になるかと思いますし

 

 

磨き作業だけでは劣化の進行は止められないという所です。

 

 

どうにかしたいけど・・・

 

 

他に良い方法はないの?

こんな方法があります。

 

こちらの車両も、何度か磨いてきた経歴のお車ですが

 

 

やはり上面が曇ってきてます。

 

 

この状態から、一度コンパウンドで除去できるだけ除去しますと

 

 

ここまで綺麗になりましたが、傷は残ってますし劣化した被膜も残ってます。

 

ただ、この状態で納車しましても、すぐに元に戻ってしまったり

 

 

初めより酷い状態になる恐れがありますので

 

 

この状態から、プロテクションフィルムで封じ込めてしまいます。

 

そうすることにより、フィルムが犠牲膜の役割をしてくれて

 

劣化の進行を遅らすことが出来ます。

 

でも、よ~く見ると傷などは分かりますので

 

人により、良い悪いの賛否両論が出ますが

 

 

きちんと説明してあれば、この状態でも喜んで頂けましたよ^^

 

 

しっかり除去するには、どうすればいいの?

 

 

サンドペーパーで削る

 

徹底的に被膜を削り落とすしか方法はありませんので

 

サンドペーパーを使います。

 

 

実際の作業工程を見て下さい。

 

施工前の状態。

 

良い感じで劣化してます(笑)

 

アップで見ると、かなり表面がやばい状態・・・

 

 

気持ち悪い・・・・

 

 

 

ここから、ペーパーを使い研いでいきますよ~

 

 

更に

 

 

更に

 

 

ここまで、ペーパーの番手を変えながら整えて行き

 

 

最終仕上げで、コンパウンド(油分の少ない水性コンパウンド)で磨くと

 

 

この仕上がり^^ 勿論、傷は残って降りませんが

 

 

内側の曇りは、どうにもできません。

 

 

ここまでの作業をしても、1年~2年程で劣化が始まってしまいます。

 

 

この後に、プロテクションフィルムを貼っておけば3年~5年は大丈夫でしょう!!

 

 

フィルムが犠牲膜になりますので、数年後にフィルムを貼りかえれば

 

新品の状態に戻りますからね^^

 

そして遂に最新のヘッドライトリペアが登場!!

磨かず削らずヘッドライトを復元の記事はこちらをご覧くださいませ。

 

マジカルアートリバイバルシートを検証。本当に綺麗になる?

 

はたして結果は??

 

気になって夜も寝れないな(笑)

 

<スポンサードリンク>

まとめ

安易にヘッドライトを磨くと劣化の進行が速くなる場合があります。

 

コンパウンドに含まれる油分が原因の場合もありますよ。

 

劣化した被膜を完全に除去しなければ、数カ月で元に戻ってしまいます。

 

プロテクションフィルムで保護出来ます。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか?大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか?そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG