ホンダN-VANの特徴と値段と納期?自分なら買いの理由。

車を走らせていれば見ない日はないほどの人気を誇る

 

「ホンダのNシリーズ」からこの度2018年7月13日に

 

N-VANが発売されました。

 

「仕事用に軽バン欲しいんだよね」という人はもちろん

 

「Nシリーズは好きだけど、商用車でしょ?」

 

と思っている人もこれまでと違った軽バンになっていますので

 

N-VANの魅力をとことん知り尽くしてみましょう。

 

 

<スポンサードリンク>

 

ホンダN-VAN

 

 

軽商用バンはどんな業種に関わらず活躍してます。

 

配達や職人、クリーニング車など仕事車の代表と言っても

 

過言ではないほど普及していますよね。

 

 

それに、サーフィン、スノーボードのスポーツや

 

最近では、キャンピングカーもなったりで

 

色々な人の注目を浴びる、軽自動車ですよね。

 

 

仕事車としてもかなり需要もあるので各メーカーそれぞれ軽バンを販売しており

 

 

トヨタではピクシスバン、ダイハツではハイゼットカーゴ、スズキではエブリィなどが代表格ですが

 

 

ホンダでも生産を終了しましたが「バモス」があり、「アクティ・バン」がありました。

 

そしてこの度「アクティ・バン」に変わり後継車として「N-VAN」が発売!!

 

このN-VANはただの後継車ではありません。

 

軽商用バンとしてかなりの進化をしているんです!!

 

他のメーカーにはないホンダの独自の技術が詰まっていますので

 

 

普通の軽バンではないです。

 

 

「はたらく人に、軽バンの新しいかたち。」

 

どんな特徴があるのかみていきましょう。

 

 

 

N-VANの特徴

 

 

特徴その1 駆動方式が前輪駆動(FF)になった

 

どういうことかというと、これまでの軽バンはフロントエンジンリヤ駆動(FR)

 

 

ミドルエンジンリヤ駆動(MR)や4WD主流でしたが

 

 

N-VANはフロントエンジンフロント駆動(FF)にすることによって

 

 

車体の下を通るプロペラシャフトが不要になったため

 

 

車高を低くすることが出来るようになり荷物を載せるのが楽になるという

 

 

今までにありそうでなかったことが実現されています。(4WDタイプもあります。)

 

 

特徴その2 後部座席から助手席までフラットになる

 

ホンダ独自のFFプラットホームと燃料タンクを薄型にして中央に配置することにより

 

 

後部座席の広さを確保できるセンタータンクレイアウトの採用により

 

 

荷室の床面地上高を低く出来、助手席を倒すことにより後部座席から

 

 

助手席までをフラットにすることが可能となりました。

 

実際アクティ・バンと比べると床面地上高が690mmだったのに対して

 

525mmになり、荷室の長さも1940mmから2635mmにすることが出来ました。

 

仕事にも、遊びにも活躍ですね!!

 

 

●特徴その3 側面からの荷物の出し入れが楽になった

 

 

助手席ドアとリアドアの境目の柱(センターピラー)をなくすことで

 

荷物の積み下ろしがものすごく楽になりました。

 

これ非常に便利ですよ^^

 

 

 

●特徴その4 長時間座っても疲れにくい

 

 

仕事で使用すれば長時間の運転になることも多いが

 

 

長時間の運転でも疲れにくいシートに改良されており

 

 

体への負担を軽減し、なおかつ、乗り降りを繰り返しても

 

 

痛みにくいようになっています。

 

腰痛持ちの自分から見ると最高ですね!!

 

 

●特徴その5 Honda SENSINGを標準装備

 

Honda SENSINGとは、衝突軽減ブレーキなど10の先進機能を搭載した

 

先進安全支援運転システムのことですが、標準装備されています。

 

 

●特徴その6 趣味やレジャーにも使える

+STYLE FUNと+STYLE COOLのタイプはバモスの後継車にあたり

 

 

仕事だけではなく趣味やレジャーも楽しめるように

 

 

カラーバリエーションも豊かになり、ターボ車やロールーフなどスタイリッシュなタイプもあります。

 

室内のインテリアも質感高く機能性重視したつくりになっています。

 

シートをフラットにした場合各所にフックが付いており

 

 

ベルトや紐で荷物を固定できるようになるタイダウンフックが全車標準装備されていて

 

 

スノーボードやマウンテンバイクなども車内でしっかり固定することが出来ます。

 

 

●特徴その7 低燃費

 

アイドリングストップによりFF/CVT車で23.8km/Lの低燃費を実現させています。

(走行状況や荷物の重量等で差は出てきます)

 

エコカー減税対象車になりますので税金の負担も軽減できます。

 

 

主な特徴を7つご紹介しましたがいかがでしょうか?

 

まだまだ細かい特徴はあるのですが

 

 

ここまでみただけでもこれまでの軽バンとの違いが分かっていただけたのではないでしょうか。

 

商用車としての機能性や使いやすさ、乗り心地を格段に向上させ

 

なおかつN-BOXのいいところをいろんなところで感じとれるこのスタイル。

 

そんなN-VANの登場からまだ間もないですが、気になるのはお値段と納期。

 

タイプ別に見ていきましょう。

 

<スポンサードリンク>

 

値段と納期は?

 

 

まずは〔FF〕のみのメーカー希望小売価格(税込)です。

 

〔N-VAN〕
●G・Honda SENSING      1,267,920円
●L・Honda SENSING       1,341,340円

 

〔+STYLE 〕
●+STYLE FUN(COOL)・Honda SENSING      1,560,600円
●+STYLE FUN(COOL)・ターボ Honda SENSING    1,668,600円
※+STYLE FUNと+STYLE COOLは同価格。

 

上記の価格を見ていくと、〔N-VAN〕の前の型になるアクティ・バンの販売価格が115万~135万5200円

 

〔+STYLE 〕の前の型になるバモスの販売価格が128万~151万4400円であったことを考えると

 

少し高めの設定になっているのがわかります。

 

ただ、これまでの商用車にない付加価値がこれでもか!

 

 

というくらい付いているところをみると値段以上のものがあるのではないかと思います。

 

 

その確信たるところで納期があります。

 

まだ発売開始から間もないですが・・・・

 

 

6月に契約された方で納車が9月頃・・・・

 

 

7月に契約された方で11月に納車予定というほど・・・

 

 

商用車では珍しく納車まで3~4ヶ月もかかるほどの人気となっています。

 

 

では次に私なりにN-VANに決める理由をまとめてみましたので、

 

 

検討している方の参考になればと思います。

 

 

わかりやすくする為、人気の高いハイゼット・カーゴと比べてみました。

 

 

 

自分が買う理由とは?

 

 

●決め手1 床面の高さが低い。

ハイゼット・カーゴが635mmに対して、525mmと低く設定されていますので

 

重い荷物の積み下ろしや、仕事中は何度も乗り降りすることが多くなりますが

 

そんな時に床面が低いことはかなり助かります。

 

 

●決め手2 荷室が広い。

 

床面が低いということは高さも多くとれるということです。

ハイゼット・カーゴが1,235mmに対して、1,365mmと130mmも高く

 

助手席を倒した最大スペースの長さは5mmN-VANのほうが長いくらいですが

 

なんと言っても助手席までフラットになることは大きいですよね。

車中泊することになっても体の負担はかなり軽減されますし

 

サーフボードもセミロングの長さでも車内に積めるので

 

わざわざキャリアのを付けなくても大丈夫です。

 

 

●決め手3 荷室が使いやすい。

 

助手席とリアドアを大きく開いた「ダブルビック大開口」が仕事の効率を上げてくれます。

もしテールゲートが開けられない状況になろうとも

 

長い荷物があろうとも「ダブルビック大開口」のおかげで問題なく解決できます。

 

 

●決め手4 低燃費。

 

2WD/AT車で、ハイゼット・カーゴが17.8km/Lに対して、23.8km/Lと低燃費なのに

 

馬力もじゅうぶんあるのでたくさん荷物を積んでいても大丈夫です。

 

出来ればターボ車が良いと思いますね!!

 

 

●決め手5 多彩なカラーとかっこいい外観。

 

仕事だけでなく趣味でも楽しめるカラーが多彩です。

見た目もスタイリッシュでオプションパーツもたくさん販売されていて

 

自分好みにカスタマイズ出来ます。

 

これから、ドンドン新しいカスタムパーツも出てきそうですしね!!

 

 

●決め手6 安全性能の充実。

 

Honda SENSINGの予防安全システムに加え、衝突安全システムも充実していますので

 

走行時はもちろん、万一の事故にも備えていますので安全性もかなり高いつくりとなっています。

 

 

 

改善点はないのか?

 

自分の目線で言いますと

 

N-VANだと、リアドアのガラスが開かない・・・

 

固定式となっており

出来れば、開けることが出来れば良いなと思いました。

 

+STYLE のタイプですと、少しだけ開けることが出来ますが・・・・

 

少し物足りなさを感じました。

 

それと、ターボじゃないと、高速やバイパスの合流時に厳しい印象を受けましたが

 

普通の走行では問題ありませんが、荷物をたくさん積むのであれば

 

ターボは必須ではないでしょうか。

 

 

そこは、一度試乗して体感してみてくださいね^^

 

 

 

<スポンサードリンク>

【まとめ】

 

 

ここまで読んでいただければN-VANの魅力がじゅうぶん伝わったのではないでしょうか?

 

そして、軽バンとしての見方もまったく変わったのではないでしょうか?

 

仕事用として趣味やレジャーとしてなど、多くのシチュエーションを細かいところから考え

 

少しでも使いやすく居心地の良い空間をつくるために考え抜かれた車ということが実感できる仕上がりになっていると思います。

 

価格はN-VANのLタイプとハイゼット・カーゴの同タイプと比べると10万円ほどの違いはありますが

 

使いやすさや安全性能がすごく向上しているということを考えれば高く感じないと思います。

 

いま検討中の方、軽バンに興味を持たれた方、これを機に「軽バンの新しいかたち」を体感してみてはいかがでしょうか。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG