給油中にガソリンをこぼしてしまった時の対処方法は?

給油のときにガソリンをこぼしてしまった経験はありませんか?

最近はセルフのスタンドで給油する機会が増えた結果、そういったアクシデントに見舞われた方もいるのではないでしょう?

今回は、ガソリンをこぼしてしまったときの対処法に焦点をあてて説明していきますよ。

タイヤに付いても大丈夫?オートバイだけど大丈夫?コーティングしてあるけど大丈夫?

いざというときに混乱しないために、予習しておきましょう。

それでは、さっそく参りましょう。

ガソリンをこぼしてしまったら、どうすればいいのでしょう?

<スポンサードリンク>

ガソリンをこぼしてしまった時の対処方法は?

ガソリンをこぼすシチュエーションといえば、おそらくセルフのガソリンスタンドでの給油中の出来事がほとんどではないでしょうか?

ギリギリまで沢山入れすぎたりとか、前の人の残りがノズル内にあったりして、それがこぼれたりとか・・・

それか、ガソリン携行缶から給油する時ではないでしょうか?

 

ガソリンをこぼしたときにまず注意すべきなのは、やはり「引火」の危険性です。

そもそもガソリンは揮発性が高く、蒸発しやすい性質があり、空気よりも重いため、地面近くに滞留する傾向があります。

ガソリンスタンドで喫煙しながら給油する人はまずいないでしょうが、タバコなどは絶対に厳禁ですからね。

タバコは論外としても、もう一点注意してほしいのは「静電気」です。

ガソリンは非常に引火しやすいので、「静電気」でも引火する可能性があるのです。

勿論、まれなケースですが、「静電気」がガソリンに引火し、火事になるという事案があります。

それを防ぐためのツールが静電気除去シートです。

 

 

セルフスタンドには必ず設置されていますので、給油する前に静電気除去シートに触れておくと安心ですからね^^

もしガソリンをこぼしてしまったときは、給油口のキャップをすぐに閉じて、タンク内に引火が及ぶ危険性をまず除去しましょう。

ガソリンをこぼしたら、まずは安全確保、これが基本で、そのうえで、こぼれたガソリンの対処に入ります。

 

まず車のボディに付着したガソリンですが、そもそもガソリンは揮発性が高く、蒸発しやすい性質ですので、少量であればタオルなどで拭き取れば大丈夫です。

現在の市販の車であれば、少量のガソリンがボディについてもほとんど塗装に影響はありません。

給油口のまわりが異様に変色している車をあまり見かけませんよね。(クリアー層の無いソリットの塗装は注意が必要です)

塗装がしっかりしている証拠です。

ですが、オートバイの場合は注意が必要ですよ

オートバイの方がクリアー層が薄い為、シミになりやすい傾向がありますから(メーカーによる違いはありますが)

ただ、さすがにガソリンが付いたまま放っておくとシミになる可能性は否定できませんので、ガソリンがボディに付着したら、すぐに拭き取る若しくは水で流す事が良いですね。

でも直ぐには洗う事が出来なければ、拭き取るように心がけましょう。

ガソリンスタンドにも、場所によっては拭き取りクロスが備わってる所もありますので。

ボディの方は、それでも大丈夫なのですが、給油口の中の部分は塗装も薄くなってたりしますので水で流した方が賢明かも知れません(著しく悪くなる事は無いと思いますが)

 

では、コーティングを施した車の場合でも同じ対処で問題ないでしょうか?

<スポンサードリンク>

 

コーティング施工車でも同じで大丈夫?

基本的には同じで大丈夫なんですが(駄目な場合もあります

つまり、ガソリンが付着したらすみやかに拭き取ることで対処できますが(駄目な場合もありますからね

拭き取るだけでは全ての不純物を取り除く事は出来ないので、シャンプーで洗い流した方が良いでしょう。

コーティングといえばポリマーコーティングやガラスコーティングですが、ポリマー系の方がガソリンには弱いので早めに洗って方が良いともいます。

ガラスコーティング施工車でも、完全に硬化してない車両ですと変なシミになる場合もありますよ。

コーティングと言いましても色々な種類があり過ぎて、どれでも大丈夫とは言い切れませんし塗装の強度にもより変わってくることから心配な場合は早めに洗う方が良いでしょう。

後から、施工店に確認を取ってみましょうね。

 

ボディよりもタイヤなどにもこぼしてしまった場合の方が悪影響があります。

こぼす量にもよりますが、ゴムですので劣化の原因になり得ますが、すぐにダメになるとかそう言った事はありませんのでご安心して下さい^^

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ

ガソリンの吹きこぼれは決して珍しいことではありません。

気をつけてほしいのは、まずは安全確保を優先してほしいということです。

そのためにも、給油前には必ず静電気除去シートに触れておくことや、給油口のギリギリまで給油しないなどの予防策が必要です。

もしボディにガソリンがかかっても、慌てず拭き取るなどの対処をすれば大問題にはなりません。

オートバイの場合は、シミになりやすい傾向ですので気を付けて下さい。

コーティング施工車でも、そんなに心配する事はありませんが、コーティング施工直後だったりするとシミになる場合もありますよ。

必要以上に恐れることはありませんが、この記事を読んだ皆さんが、改めてガソリンの取り扱いに注意してくれれば、こんなにうれしいことはありません。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG