コーティングのメンテナンスって?何するか知ってますか?

コーティング施工後には必要不可欠のメンテナンスしてますか?

ただ洗車すればいいだけではありません。

当たり前ですが、車は外を走りますのでコーティングしてあっても汚れますし洗車しても取れない汚れも出て来ますよね。

そんな時にメンテナンスをして頂くのがベストですが、実際どのようなメンテナンスをするのか?

分かららない方の為に解説させて頂きます。

これを見て頂ければ、メンテナンスの素晴らしさをご理解頂けると思いますし、自分が行なってるメンテナンスの間違いもお分かり頂けるかと。

専門店ならではのメンテナンス方法ですが、参考になると思いますので見て下さいね!!

読み終えたら、メンテナンスしたくなっているでしょうね^^

 

<スポンサードリンク>

コーティングのメンテナンスって?

 

何するのか知ってますか?

 

ただ洗車するだけじゃありませんから^^

簡単に言えば、コーティング施工直後の状態に戻すということです。

 

 

コーティングを施工した頃には、当たり前ですが汚れはついてないですし綺麗ですよね。

でも、数か月すると汚れてきますし、洗車しても取れない汚れも出てきたりもします。

 

例えば、洗車するとザラザラとした違和感を感じるとか。

以前は、撥水してたのに撥水しなくなってきたとか、そういった経験があると思われます。

 

よく聞く話では、一年に一回メンテナンスしますから持ってきて下さいねって言われた事ありませんか?

でもそれって変だと思いませんか??

 

だって皆さん、使用状況も違えば保管状況も違いますよね。

毎日乗る人もいれば、週末しか乗らない人もいますし、青空駐車の人もいれば、車庫保管の人もいます。

それにボディカラーだって淡色車もあれば濃色車だったりもしますよね。

 

それなのに一律、一年に一回のメンテナンスって間違っていると思いませんか?・・・

 

確かに、そう言われるとそうかもしれないねって共感してくださるお客様もいます^^

 

そうなると、じゃ適切なメンテナンスの頻度は?って事になると思いますよね。

そんな方の為に特別に教えちゃいましょう。

 

正直わかりません・・・

 

そりゃそうですよね、車の状態(保管環境でしたりボディーカラーだったり使用状況)が分からないのですから。

自分のお店では、初回無料メンテナンスを実施しておりますので(コースにより)

その時に、これ位のスパンでメンテナンスをして頂くと綺麗の持続に繋がりますよって案内したり、これくらいの頻度でメンテナンス剤を使ってくれると良いと思いますよって事は伝えております。

それは、そのお客様の情報が分かるので伝えられるのであって、分からなければ何も伝えられません。

 

そして大事なのは日頃の洗車がポイントとなるんです。

洗車をすると色々な発見があるんですよ!!

ボディがザラザラするとか、取れない汚れがあるとか、シミがあるとか、傷が付いてるとか。

発見だらけですよ。

 

皆さんは、毎日鏡みますよね。

そうすると、肌が疲れているなとか、白髪があるなとか分かりますよね。

そうなれば、パックをして肌を綺麗にしたりとか、白髪染めをしたりって事になると思うんです。

ようはそのことが、肌のメンテナンスって事だと思うのです。

 

話がそれてしまいましたが、車も同じでそうなった時にメンテナンスに出して頂くのが良いと思いますよ。

 

じゃ、車のコーティングのメンテナンスは何するの?

<スポンサードリンク>

 

コーティングのメンテナンス風景

 

初めてのメンテナンスのご依頼を頂きました、お車の作業風景・作業内容を見ていただきましょう。

メンテナンスを依頼された理由は、ザラザラするとの事でした。

ザラザラする理由としては、鉄粉・スケール(シミ)・ペンキミストが考えられます。

 

でも、こちらのお客様の初期施工の時に、色々な情報を伺っていたので分かっちゃうんですね!!

原因は鉄粉。

だって家の近くに、鉄工所がある事を事前に聞いていましたし、施工時に鉄粉はコーティングで防げないので余りにもザラザラするようでしたらメンテナンスにもって来てと伝えていましたので、その通りにご依頼いただきました。

 

やはり洗車してるとザラザラ感がヒドイ・・・特にボンネットやルーフがザラザラでした。

鉄粉に反応する液体を吹きかけると。

 

思いっきり鉄粉に反応して紫色に変わります(反応すると紫色になるので分かりやすいです)

 

皆さんが、よく知ってる鉄粉除去方法はネンドで擦って落とす方法かと思いますが、そうすると必ず傷が入ってしまいますしコーティング施工車ですので別な方法で除去します。

 

車の鉄粉の除去方法の全てがわかる。

 

その他にやるメンテナンス作業としましては、スケール除去(シミ)です。

実は、このスケールも洗車をしたときにザラザラとする原因にもなりますし、コーティング施工したとしても防ぐ事は出来ません。

 

車の水染みを除去!コーティングしても水染みは付着します

 

いろいろな部分に付着してるんです。

例えば、ワイパー。

プツプツしてるのがスケール(シミ)です。

ケミカル剤を駆使しまして。

秒殺です!!

ドアミラーの下にも。

勿論、こちらも。

秒殺です^^ スッキリしたと思いませんか?

当然ですがボディにも付着してます。ボディ色がパールホワイトですので見えにくいですが、ケミカル剤を散布してあげると浮かび上がって来ます。

白っぽくなっているのがお分かり頂けますでしょうか?

 

 

ケミカル剤がシミに反応し分解してくれてます!!

このシミがなくなると、不思議と水の流れも変わってくるんですよね。

違う車ですが動画がありますので見て下さい。

スケール除去前

スケール除去後

ねぇ、変わったでしょ!!

撥水がしなくなったから、コーティングがダメになったのでは無くただ単にスケールで覆われていて撥水してなかっただけなんですよね。

 

メッキパーツだって。

シミは付着してますが。

 

こちらもスッキリですね^^

 

つなぎ目なんかは丁寧に。

 

筆を使ってキレイキレイにします。

洗車では、落としきれない汚れを一掃していくのが当店のメンテナンス。

少し黒ずんだゴムの部分だって。

 

 

 

ごらんのように。

 

美白になっちゃいます^^

あとは、油分を落としたりと普段ご自身で出来ないことをメンテナンスでおぎない綺麗にさせて頂くのです。

 

最後にトップコートを施工しまして(ギセイ膜)フィニッシュとなります。

 

オーナー様も大変喜んで頂きメンテナンスの良さも体感して頂けたんではないでしょうか?

 

あなたの車は、コーティングのメンテナンスで綺麗になって帰ってきてますか?

そして、どのような作業をしてるのか知ってますか?

コーティング施工時にメンテナンスの事聞きましたか?

 

きれいの持続はメンテナンスなくしてありえませんよ^^

決して、メンテナンスは強制ではありませんので大丈夫なのですが、せっかく高いお金出し施工したのですからね!!

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ

メンテナンスはコーティング施工時の状態に戻すことが最大の理由。

取れない汚れが出てきたり、洗車した時に違和感を覚えたりしたらメンテナンスして下さい。

一年に一回ではなく、あなたに合うメンテナンススパンを教えてくれるお店選びは大切です。

メンテナンスは強制ではありませんが、やるのとやらないのでは大きな差がでますよ。

あなたの車はメンテナンスで綺麗になって戻ってきますか?

そうでなければ、メンテナンス方法が間違っているのかも知れませんよ。

 

 

コーティングのご相談やメンテナンスに関する質問は

こちらからどうぞ~!!

 

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG