マツダ3の発売日と価格と内装と外装は如何に?値引きは?

皆さん!

いよいよ本日5月24日にマツダ3が発売です!

アクセラの後継者として生まれ変わったマツダ3は、ユーザーを魅了するどんな特徴を持っているんでしょうか?

デザインは?内装は?

ハッチバックとセダンのそれぞれの特徴は?

そして、値段は?

待ち遠しくて何も手に付かない!という人もいるんじゃないでしょうか?

海外でも絶賛とともに迎えられているマツダ3が、ついにわれわれの前にその姿をあらわします!

 

今年中にはすべてのグレードが発売になるようですが、その詳細についても知りたいですよね。

まだヴェールに包まれている部分も多いのですが、この新車に注目しないわけにはいきません。

まさに新時代にふさわしい事件といっていいでしょう。

 

今回はそのマツダ3を皆さんに紹介していきます。

まずは発売日の確認からいきましょう。

<スポンサードリンク>

マツダ3の発売日

 

発売日は5月24日の今日です^^

 

ただし、今日発売は、ハッチバック1.5Lモデルと1.8Lディーゼルのセダンとなり

2.0Lガソリンタイプとセダンタイプが8月頃だそうです。

 

本命といわれるスカイアクティブXのハッチバック・セダンとも10月頃の発売になるみたいです。

消費税の増税もありますし、早めにはっきりしてもらえれば助かりますね。

 

マツダ3のボディサイズは?

ハッチバックが、全長4,460、全幅1,795、全高1,440となり

 

セダンが、全長4,660、全幅1,795、全高1,445となってますね。

 

そして一番気になる、各モデルの値段はどのくらいなんでしょう。

大まかなところを見ていきましょう。

 

マツダ3の価格と値引きはあるのか?

 

まず、本日発売された1,5L スカイアクティブ-Gは218万からです。

これはハッチバックのみのタイプですからね。

2.0L スカイアクティブ-G セダンは264万から、ハッチバック専用は264万からだそうです。

1.8L スカイアクティブ-D セダンは274万から、ハッチバック専用は292万からですね。

2.0Lと1.8Lは8月以降の発売予定です。

 

2.0L スカイアクティブ-Xはまだ値段が確定していません(一応暫定としての価格にはなりますが)

 

セダンは314万前後から、ハッチバックは314万前後からという予想ですが、10月には消費税が増税との事ですので一体どうなることやら??

 

 

車体の値引きは?

ずばり渋いですね・・・

 

今日聞いた所によると3万円

マツダ3だから3万円なんだね(笑)それはジョーダンですが・・・

 

頑張れば5万円になるかも??

 

新型車は基本値引き無しって事が多いですから、少しでも安くしてくれるのであればOKでしょう^^

あとは、オプション割引があるらしいですよ!!

あれとこれとそれを付けると安くなるよ~的な(最近では、この手法がどのメーカーでも多いです)

 

それでは、次にマツダ3の内装は?

<スポンサードリンク>

 

マツダ3の内装は?

 

まず何といっても気になった部分はトランクの収納力、だって荷物を積めなきゃね(笑)

まず、セダンから見ると結構広い!!

 

これならゴルフクラブぐらいなら余裕で収まります。

そのぐらいの広さと深さがあります。

 

次にハッチバックですがセダンには負けてしまいます・・・ゴルフバックは無理だな・・・

 

でもリアシートを倒せば積めそうですよ。

 

まっ日常で使用するうえでまったく問題なしの収納スペースです。

そしてマツダが力を入れた内装のデザインはムダがなく、シンプルで美しいです。

 

運転席も助手席も、後部座席も全部、触感にこだわったというだけあって、やわらかい質感とさわりごごちの良さ、高級感についてコメントしている方が多いですね。

 

画像や動画で見た感じでも、それは伝わります。

 

シートも背中にしっかりフィットして、長距離でも疲れにくい仕様になってますが・・・

ただ、シートカラーなんですが、セダンにはピュアホワイトレザーがあるんですが、ハッチバックには無く残念です(ハッチバックにもホワイトレザー入れて欲しい)

 

後部座席は足元がちょっと狭いかもしれません。

てか狭かった・・・(自分の身長は178センチです)

実際に座って見ましたが狭く、天井も低く圧迫感は否めませんでした(個人の感想ですからね)

 

 

 

運転席助手席に関しては全く問題なし^^

 

ファミリーカーとして購入するのであれば、必ず全員でシートに座ってみることをお勧めいたします

 

運転席周りは、ナビ画面もシンプルで近未来的なデザインで良い印象を与えます!

8.8インチですから少し小さいですが、高級感を与える内装にフィットしてるんじゃないかな。

画面の操作はセンターコンソールにある丸いつまみのようなコントロールキーで操作します。

ステアリングスイッチも使いやすくデザインもOK^^

室内等も全てLEDになっており明るい~

内装の感想は、とにかく上品!という印象です。

 

自分で、ドライブレコーダーやETCを取り付ける際に必要な電源取り出し場所は下記からどうぞ~^^

 

MAZDA3の電源取り出し場所と外し方の説明書!

 

では外装はどうでしょうか?

 

 

マツダ3の外装は?

 

まずビックリするのが、セダンとハッチバックで部品の共用がほとんど無いということ。

 

共用はボンネットとフロントガラスぐらいだそうです。

ほとんど別の車と言ってもいいんじゃないでしょうか?

 

リアドアから後ろの部分は違いが特にはっきりとしている部分で、ハッチバックは、なめらかな「線」というよりむしろ「面」ですね。

セダンとハッチバックでは、ユーザーに求められるものが違うため、それを追求していった結果だそうです。

まさにプロの仕事といえますね。

 

ボディカラーには、新色のポリメタルグレーメタリックが導入されました!!

ですが、ですが、この新色はハッチバックのみとなってます・・・

でもこの新色のポリメタルクレーメタリックは追加料金無しで選べることが出来るので、その部分に関しては良いと思いますよ(^^♪

ハッチバックのボディーカラーは全8色。

 

セダンは全7色となってますね。

そして、外装と言えば綺麗に維持したいと思いますが、マツダのコーティングは施工したほうがいいのかな?

と思ったりもしますが。

 

マツダのボディコーティング必要?不必要?貴方ならどっち?

 

ドアノブにはロックボタンが排除されスッキリし自分好み^^

 

 

 

オプション品で残念だと思ったことは、サンルーフの設定があるのに、スカイアクティブにしか対応してないこと・・・

それなら、メーカーオプションにしなくてもいいじゃんと思ってみたり。

 

 

デザインも、マツダの「魂動デザイン」の流れは受け継いではいても、新しい独特のフォルムになってます。

キャラクターラインがない、すっきりしたボディですが、印象に残るカッコよさ。

 

日を追うごとに愛着がわいてきそうです。

女性が乗っても、サイズ的にもデザイン的にもおしゃれだと思いますね!!

 

ドイツの有名な「レッド・ドット賞」最高位「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞したというのも納得ですね。

<スポンサードリンク>

 

まとめ

 

いかがでしたか?

装いを新たに日本上陸を果たすマツダ3。

デザイン、内装の美しさは折り紙つきです。

まずはディーラーで見積もりをとりたいところです。

新しい時代を、新しいマツダで疾走してみたいですね。

進化したマツダをぜひ堪能してみてください。

 

今週の土曜日・日曜日はマツダのお店にゴー!!

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか?大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか?そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG