車磨きをDIY?専門店?頼むと料金も気になる所ですよね。

  • 2018年9月11日
  • 2018年9月12日
  • 磨き

自分で磨こうか?それとも専門店に依頼しようか?

迷ってる貴方にDIYでの注意事項や専門店の選び方を教えちゃいます。

本当であれば簡単には説明が出来ない部分ではありますが、少しでも参考にして頂ければと。

 

今の車寿命は10年以上となっておりますが、綺麗になるならば買い替えも先延ばしになりますし、愛着もわきますよね^^

沢山の思い出のつまった車を大事にできる幸せを実感して頂きたいと思います。

それは磨くことにより可能になる場合もあるんですよ!

 

<スポンサードリンク>

 

 

車磨き

 

車を磨けばキレイになりますが、その反面塗装を削るという行為ですので何度も磨けば塗装にも厚さがありますので、剥げてしまう事も御座いますので注意が必要です。

 

それに、最近のお車は燃費重視ですので昔の車より塗装も鉄板も薄くなっていますので、尚更注意が必要なんですね!!

 

塗装を磨くという行為は、傷を置き換える事で(大きな傷から小さな傷に)最終的には目で確認できないレベルまで綺麗にするんです。

 

 

そして、磨く道具といえばポリッシャー。これがなければ磨く事は出来ません。

 

ポリッシャーにも種類があり、大まかに3種類がありますので、その特徴を簡単にご説明します。

 

シングルポリッシャー

(一番研磨力のある機械です)

 

 

ギアアクションポリッシャー

(シングルポリッシャーの傷をさらに細かくする。シングルポリッシャーを使うまでも無い傷を除去する)

 

 

ダブルアクションポリッシャー

(一番研磨力が無いと言われています。仕上げように使われる方も多いです)

 

 

この三種類のポリッシャーを使い分けて磨いたりしてます。

 

私は、毎日のように磨いて降りますので色々な経験があり知識もありますが、とても奥が深い世界でもあり全く飽きる事がありません。

 

その理由には、一台一台塗装のコンディションも違いますし、メーカーにもより塗装状態が違いますので毎回悩まされる事も多いですが・・・

 

まだまだ、未熟者って事でしょうね(-_-;)

 

そんな車磨きを自分でも出来るの?

 

<スポンサードリンク>

 

車磨きDIYの注意点

 

 

自分の車を、自分で磨くことが出来れば更に愛着がわきますよね!!

 

一度チャレンジしてみるのも良いかも知れません^^

 

ですが注意することも沢山ありますからね。

 

ではその注意点を。

 

① マスキングテープで磨いては行けない部分を保護します。

ドアモールだったり、樹脂パーツでしたり、後はエッジ部分です。

 

そうしなければ後から後悔することになったりもしますので。

 

② ポリッシャーで磨く。

一番重要な部分ですから慎重に。いきなりシングルポリッシャーでは危険ですし中々仕上がりませんので、ダブルアクションポリッシャーが良いと思いますよ。

 

 

③ 一度に全体を磨くのではなく30㎝四方で磨くようにしましょう。

一度に全体を磨いたとしても磨き残しが出てしまいますので、それなら磨く範囲と決めて磨いたほうが効率的ですよ。

 

 

④ コンパウンドはお好みで。

油分の多い油性コンパウンドを使用すると油分が傷を埋めてしまい、その時は綺麗になったと思っても、その後に油分が流れ出てしまい元の状態に戻ってしまう事が多いです。

ですので、なるべく水性コンパウンドを使った方が良いのかなと(コンパウンドは好みもありますので、どれが一番良いかと言えないです)

好きなコンパウンドがあれば、それで。

 

⑤ 野外で磨くよりは室内が良いです。

出来れば野外で磨くよりは、室内で磨いた方がいいですが、DIYですと野外になるかと思いますので、風が強い日は止めたほうがいいでしょう。

 

そうすると、先ほどの画像のパネルもキレイキレイです。

 

 

まっ お金もらってますから当たり前なんですけどね!!

 

DIYの磨きですと、ここまで難しいですが艶は出ますので綺麗になった印象は持てますよ。

 

 

やっぱり専門店は違うの?

 

 

車磨き専門店

 

 

当たり前ですが、専門店の磨き作業はお金を取るだけあって勿論違いがある訳ですが、何が違うのかって事ですよね?

 

1つは、傷の状態や塗装状態によりバフ・コンパウンドを変えて一番いい仕上がりの組み合わせを探し出します。

 

これが出来なければ先に進むことが出来ませんし仕上がりません。

 

誤魔化すことは出来ても、後から分かってしまいますから。

 

何より重要なのは証明です。

 

 

とにかく車を磨くときには照明が凄く重要なんですよ。

 

その証拠に、照明の違いでどのように違うのかを見て頂きましょうか。

まずは、どこでも使用されております蛍光灯で。

 

 

どうでしょうか?綺麗に見えませんか?

 

 

次に、当店が使用してます照明で見てみましょう。

 

どうですか、なにか違うと思いませんか?

 

 

そうです、蛍光灯だけで見た状態と当店が使用してる照明の状態では、傷の見え方がまるで違うのです。

 

では考えて見てくださいよ、蛍光灯の照明だけで磨いた車と

 

傷の確認できる照明で磨いた車では、仕上がりに差が出ると思いませんか?

 

じつは、上記の画像は磨かれた状態なんですね・・・・

 

どんな環境で磨かれたかと言いますと、蛍光灯のみの照明のお店だそうです。お客様に確認しましたので。

 

このような状態にならない為にも、お店選び(専門店選び)の基準として、どのような照明を使っているかもチェックし

 

なおかつ、完成後も同じ照明の下で確認させてくれるのかって事も聞いて見るのも言いと思います。

 

これは、お店選びの最低限のことになりますからね。

 

じゃ、専門店での施工で気になるのは料金ですよね?

 

 

磨き料金

 

金額は、はっきり言いましてお店により違ってきます。

 

その理由には、都会のお店なのか?田舎のお店なのか?

 

それに、新車なのか中古車なのか?

 

特に重要なのは塗装状態とオーナー様がどのように仕上げ欲しいのかにもより変わってくるんです。

ただ艶を出して欲しいのか?傷を消して欲しいのか?

 

そんな細かいオーダーにもより、金額が変わったりもしてますね(聞いた話によりますと)

 

自分の処では、お車のサイズと状態にて算出してますけど。

 

例えば、コーティング施工までしたとして10万円だとしますよね。

 

その内訳として、磨きが6万円 コーティングが4万円で合計10万円のお店もあれば。

 

磨きが2万円 コーティングが8万円のお店もあったり

 

はたまた磨きが8万円 コーティングが2万円の当店みたいな。

 

色々とありますので、どれが良いお店なのかは分かりませんが・・・・ 金額設定はお店により違いますから。

 

自分が思うには、磨きが一番重要なポイントですし一番時間も掛かる事から磨き料金は高いんですね。

 

あくまでも、コーティングは磨きで綺麗になった塗装をどう保護するかと考えた時にコーティングが出で来る分けですので、ある意味コーティングはオマケみたいな感覚でしょうか。

 

なにか疑問質問等ございましたらお気軽に→当店のホームページです。

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ

車磨きって簡単そうに見えて実は奥が深いのです。

磨き過ぎれば塗装を剥がしたり壊したりしてしまいますし、でも磨かないと綺麗にならないし。

 

一度自分で磨いてみるのも楽しいかもですよ!

自分でやって仕上がりに満足できなければ専門店に相談してもいいと思いますし。

失敗が怖いと思えば、最初から専門店に依頼してもいいですよね!!

ただし、お店選びは記事を参考にしてくださいね。

 

綺麗な車は、見てるだけでも飽きませんからね^^

 

 

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか?大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか?そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG