信号機の価格と壊した時の対処方法は?聞いて驚く価格です。

 

車を運転する時に事故を起こさないためにも欠かせないものがあります。

 

そうです信号機ですね!!

 

信号機はみなさんも知っての通り青は進め、黄は注意、赤は止まれです。

 

信号機がなくては車同士がぶつかってしまったり歩行者と車が当たってしまったりすることがあります。

 

細い道では信号機がないところもありますがその場合は止まれの標識がありきちんと止まることによって、事故の予防をしてくれます。

 

 

しかし、絶対事故が起きないというわけではありません。

 

場合によっては事故が起きてしまうことがあります。

 

事故が起きる場所というのが信号機がある場所でも起きてしまうのです。

 

車同士での事故ではなく、車の単独事故というのもあり得ます。

 

車の単独事故という場合で信号機に衝突してしまうという時もあるのです。

 

車が信号機に衝突するというのはあまりみたことがないという人もいるでしょう。

 

しかし、信号機に衝突してどうしたらいいの?

 

賠償金はどのくらいかかるの?

 

と悩んでしまう時もありますよね。

 

そんな時に事前に知っとくと

 

信号機にぶつかってしまった時もすんなり対処してくれる時があります。

 

では、今回は車が信号機にぶつかってしまった時の対処法と賠償金について紹介していきます。

<スポンサードリンク>

 

信号機の価格は?

 

 

信号機のそもそもの価格というのはどのくらいになっているのでしょうか?

 

信号機は自分で設置するものではなく、国や各自治体によって設置されています。

 

なので、私たちが信号機本体の価格や信号機の設置費用などわからないと思います。

 

しかし、信号機の価格を知っておけば、いつか役に立つときが来るかもしれませんが価値を知ることが出来ます。

 

信号機の1本の本体価格としては350万円~400万円ほどです。

 

 

とても高額なんですよ。

 

 

信号灯という点滅だけのものであれば、10万円ほどで済むのですが信号機は精密機械で時間帯によって、青や赤の時間を変えたり、感応式や時間式というのもあるので価格が高くなっています。

 

 

これほどの価格がかかり、一般の人は普通では買うことが出来ませんよね。

 

 

こんな高額な信号機に車でぶつかってしまったり、壊してしまったりしたときは物凄い金額を請求されるのでは?と怖くなってしまいます。

<スポンサードリンク>

 

信号機を壊してしまったら?

 

 

もし、信号機を壊してしまったらどうなるのでしょうか?

 

 

信号機を壊すというのはよほどのことがない限り、壊れることはありません。

 

 

例えば、震災によって、倒れてしまったり、水没してしまったりすることで壊れてしまうということはありますよね。

 

 

また、車をぶつけてしまって、信号機を壊してしまうということもあるかと思います。

 

 

では、信号機を壊してしまった場合はどのようにしたらいいのでしょうか?

 

 

信号機を故意で壊してしまった場合や車でぶつかって壊してしまった場合など、賠償金を支払わなくてはなりません。

 

 

信号機は公共物なのでかなりの賠償金が請求されます。

 

 

また、信号機そのものの価格を求められるのではなく、設置費用というのも掛かってきてしまいます。

 

 

信号機の壊れ具合にももちろんよるのですが信号機自体が壊れておらず、配線などをこわしてしまった場合は配線だけの修理費が発生します。

 

 

また、信号機自体を壊してしまった場合は信号機自体の修理費がかかってしまいます。

 

 

なので、ほとんどの人は信号機に用事があるわけではないので、必要がない限り、近寄らないようにしましょう。

 

 

保険使えるの?

 

 

もし、信号機にぶつかってしまったり、なにかの拍子で壊してしまったときなどは保険が適用されるのでしょうか?

 

 

保険というのも種類があり、自動車保険や自転車保険、その他様々な保険があります。

 

 

信号機は本体だけでも350万円~400万円ですし、設置費用も含めると500万円ほどの請求がされます。

 

 

それを一括で支払うというのはとても大変なことです。

 

 

そんな時に保険に加入していれば、信号機を壊してしまった状況にもよりますが保険を適用することが出来ます。

 

 

もちろん、保険が適用になれば、毎月の保険料金が高くなってはしまいますが一括で支払いせずに済みます。

 

 

なので、保険を使用することができるのであれば、保険を使ったほうがいいでしょう。

 

 

また、自動車保険を適用する場合は対物保険に加入している必要があります

 

対物保険ではなく、車両保険だけの加入や対人保険だけの加入であれば、保険を使用することはできなくなるので注意が必要です。

 

 

その他の保険でも破損してしまった場合の保証に加入していれば、保険を使用することができます。

 

 

この際に自分の加入している保険には信号機などの公共物を補償できるような保険に加入しているのかどうか?というのを確認してみたほうがいいでしょう。

 

 

 

ぶつけてしまった時の対処方法は?

 

 

もし、車を信号機にぶつけてしまった時、どのように対処すればいいのでしょうか?

 

 

信号機の価格や信号機を賠償するときの保険について知っているだけでは全く意味がありません。

 

 

きちんとぶつけてしまったときの対処法についても知っておく必要がありますよね。

 

 

では、次に車を信号機にぶつかってしまった時の対処法について紹介していきます。

 

 

単独事故であっても信号機を壊したというのは道路の混乱も招いてしまうことになります。

 

 

なので、信号機を壊してしまったというような場合は単独事故であっても、警察を呼ぶようにしましょう。

 

 

警察を呼ぶとすぐに交通整理をしてくれ、事故の状況確認をしてもらうことが出来ます。

 

 

そして、警察を呼ぶのと同時に保険会社にも連絡しましょう。

 

 

 

保険会社に連絡をして、保険会社の人に来てもらって、警察への対応や事故の状況の確認をしてもらうといいでしょう。

 

 

基本的にここまでやると私たちは特にすることがありません。

 

 

あとは警察が現場の処理をしてくれたり、保険会社が警察としっかりと対応してくれたりします。

 

 

口出しせずに任せたほうが安心することが出来ます。

<スポンサードリンク>

 

まとめ

 

車が信号機にぶつかってしまった時の対処法と賠償金について紹介していきます。

 

信号機の価格は350万円~400万円ほどします。

 

また、設置費用も含めると500万円ほどかかってしまいます。

 

これを一般人が支払いするとなれば、かなりの金額ですよね。

 

車でぶつけて信号機を壊してしまった、何か別なことで信号機を壊してしまったということがあり得るかもしれません。

 

車でぶつかって壊してしまったという時もきちんと対物保険に加入していれば、保険で賠償金を支払いすることができますし、他の保険でも破損の場合の補償に入っていれば、保険を使用して、補償してもらうことが出来ます。

 

この際に保険の見直しもしてみるといいでしょう。

 

車でぶつかって、信号機を壊してしまった場合は警察を呼んで交通整理してもらったり、事故の状況を把握してもらいましょう。

 

また、保険会社も同時に呼んで、事故の状況を確認してもらい、その後の信号機の賠償などは任せたほうがいいでしょう。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG