車は下取り?買い取り?結局はどっちがお得なの?教えます!

乗り換えのとき今までの車はどうしていますか?

 

ディーラーや販売店で下取りしてもらっていますか?

 

それとも買い取り業者に持っていっていますか?

 

はたして、下取りと買い取りどちらがお得なのでしょうか?

 

冒頭から?マークばかりになりましたが

 

どちらがお得なのか、メリット・デメリットを交えながら見ていきましょう。

<スポンサードリンク>

 

車は下取り?

 

 

という人がほとんどだと思いますが、基本的な車の下取りとは?

 

何かというところからおさらいしていきましょう。

 

下取り=車を乗り換える時、新しい車を買った販売店に

 

今まで乗っていた車を売却することですね。

 

 

中古車の場合は全部そうですが

 

売却する車の車種、年式、走行距離、キズ、事故歴

 

様々な所をチェックされ、金額が変わってきます。

 

 

その状態を元に下取り金額が決まり購入する車の金額に反映されるのですが

 

そこにはちゃんとした基準となるものがあるんですよ。

 

 

それは、日本自動車査定協会(JAAI)が毎月1日に発行しているイエローブックという本になります。

 

この本には中古車の最新の相場価格が記載されており

 

業者向けになっているのですが

 

ディーラーでは最新の相場価格を基準に傷の程度や車内のシートの状態などを

 

チェックし下取り価格を決定させています。

 

 

しかし、下取り価格に納得いかずイエローブックを見せてくれといって

 

見せてもらったとしても

 

何の意味もないのでそういうことはやめましょう。

 

あくまでも業者が基準にするだけなので他の条件が加味されて

 

最終的な金額が決まりますからね。

 

車を下取りにするメリットは?

 

なんといっても楽ですんなり進むことですね。

ディーラーや販売店では新しい車についての話がメインになりますので

 

商談中に査定額が決まり、その後の手間が省けます。

下取りに出した車を新しい車の納車日まで乗り続けられることです。

 

 

人気車種の場合、納車日までけっこう待ったりしないといけないこともありますので

 

乗り換え直前まで乗れることは助かりますよね!!

 

 

デメリットは?

 

 

やはり買い取りより安い金額になる場合もあると言う事。

 

ディーラーでは特に中古車の査定は低く

 

それに加え他社メーカーというだけで金額が落る傾向もあり

 

ディーラーにとって都合いい金額を提示される事もあるとかないとか?

 

年数が経過しすぎていたり状態が良くないと下取り金額が数千円やゼロ円

 

もしくは、処分料を請求されたり。(今では、動けば大丈夫らしいですけど)

 

下取りする際は高価査定の期待はせず

 

いろんな手間を引き受けてもらうことで納得しましょう。

 

 

じゃ 買取店は?

 

<スポンサードリンク>

車の買い取り?

 

 

次に買い取りについてですが

 

下取りとの大きな違いは査定してもらうところが何社もあり

 

一番高く買い取ってもらえるところを選べるところです。

 

 

買い取り業者は、車を買い取ってそれをまた商品として売りに出す

 

ことが目的なので下取りより高い金額になります。

 

なので、買い取りに特化したプロが細かいところまで査定

(あまり見られたくないところもありますが)

 

 

してくれ人気車種や希少価値のある車種

 

オプションパーツやカーナビ等の装飾品は査定評価が上がったりします。

 

 

しかし、いざ査定に出そうと思っても小さい業者から大きい業者までたくさんあり

 

どこへ出していいのかわからないし

 

一件一件査定に回ってたのでは手間がかかりすぎますし・・・

 

 

そんな時のために一括査定というものがあります。

 

 

一括査定とは、売りたい車の基本的な情報を入力すると



無料で査定してくれるところを選んでもらい

 

後日訪問して査定してくれたり

 

おおよその金額を提示してくれるシステムです。

 

ただ、一斉に何社にも送信するので申し込み後に業者からの

 

連絡が続きますのでうまく対応する必要があります。

 

 

また、訪問日と時間も調整しなくてはいけませんのであらかじめ

 

スケジュールを調整しておかなければなりませんのでご注意くださいね。

 

 

ここまで買い取りのことを見てきましたが

 

メリットとしては

 

やはり下取りよりも高く売れることで金額に納得できることです。

 

そして、業者もたくさんありますので選べるということ。

 

デメリットは

 

 

持ち込み査定にしろ、一括査定にしろ自分で動かなければならず

 

手間と時間が必要になるところです。

 

また、新しい車と手放す車をその場で入れ替えられる下取りと違い

 

売却のタイミングを間違うと代車を手配しないといけなくなることです。

 

下取りと買い取りのメリット・デメリットいかがでしたでしょうか?

 

では結局どっちがお得なのでしょうか?

 

 

 

どっちがお得なの?

 

 

結論から言えば、個人個人で違うのでどちらもお得ということですね。

 

何を持って得と思うのか?

 

金額だけでみれば断然買い取りの方がお得です

 

そこには自分で調べ、スケジュールの調整や行動したりと時間や手間がかかりますので

 

そういうことを一社ですべて任せられるということを考えれば下取りのほうがお得と言えます。

 

車を手放すタイミングも買い取りだと交渉成立した時点で手放さないといけませんが

 

下取りでは新しい車の納車日まで待ってもらえます。

 

 

時間に余裕があり手間をおしまない人は納得いくまで徹底的に買い取りに時間を注げば良いし

 

そういうのはめんどくさいとか、忙しくて時間ないよという人は下取りに出せば良いです。

 

自分に合った売却方法で進めていきましょう。

 

下取りでも買い取りでも両方に関係することですが

 

売却をお得にする方法だけでなく他にも価格アップのポイントがあります。

 

一つ目は取扱説明書や整備手帳(メンテナンスノート)を用意しておくことです。

 

取扱説明書は車の説明書はもちろんですが

 

カーナビやドライブレコーダーなどの説明書や保証書などもあるので忘れないようにしてください。

 

整備手帳は特にこれまでの整備点検記録や車検

 

リコール履歴等いつどこの部品を交換したのかの大切な記録となっています。

 

基本車検証入れから取り出してどこかに置きっぱなしにすることはあまりないと思いますが

 

査定に出す前にはしっかり確認しておいてください。

 

二つ目は社外品パーツは取り外しておきましょう。

 

サスペンションなど純正に戻すとなると

高額な工賃がかかったりするものはどうしようもないですが

 

査定のときに純正パーツを積み込んでおくだけで変わってきます。

 

車内の電飾や電球、カーテン等元に戻せるものは戻しておきましょう。

 

三つ目は売却時期です。

 

一般に車の流通が多い時期が3月と9月になるのですが

 

特に3月はディーラーの決算月であったり

 

新生活への準備の月なりますので車の登録台数は一年で一番多くなります。

 

ということは、車がよく売れる時期ということになり多くの台数が必要になるので

 

その前の月の2月と8月は販売店が車の確保をする時期になります。

 

そのことを知っていてうまく活用することが出来れば

 

通常よりも高い値段で買い取ってもらえることに繋がってきます。

 

四つ目は綺麗な状態にして置く事。

 

車がきれい汚いで大きく金額にひびいてくるわけではないのですが

 

第一印象はまったく違います。

 

ピカピカにワックスまでかける必要はないですが洗車機で洗い

 

室内の掃除をしておくだけで大事に乗ってきた印象を与えることが出来ると思います。

 

 

以上4つのポイントをうまく活用して少しでも得するようにしましょうよ^^

 

 

 

逆に査定を大きく下げてしまう事とは?

 

 

① 事故車である事。

 

② 距離が伸びすぎている(平均がありますので)

 

③ 凹みがあったり、傷がある

 

④ 臭い(たばこ・ペット臭)

 

以上4つが査定金額を大きく下げてしまう原因でもあります。

 

その理由は、中古車で販売する迄に修理したりと時間もお金も掛かってしまうからですよ。

 

 

<スポンサードリンク>

 

まとめ 

 

 

下取りのメリット

●一社ですべての手続きを済ませるので時間と手間が省けて楽である。
●新しい車と下取りに出した車をその場で入れ替えることが出来る。

 

デメリット

●高額で買い取ってもらえない。数千円やゼロなんて事もある。

 

買い取りのメリット

●買い取りのプロが細かいところまで評価してくれる。
●一番高く買ってくれる業者を選ぶことが出来る。
●一括査定を活用すれば自宅にいても査定してもらえる。

デメリット

●自分で動くことが多くなるので手間と時間がかかってしまう。
●売却と購入のタイミングが合わないと代車が必要になる。

 

買取価格アップのポイント

●取扱説明書や整備手帳を忘れず用意しておく。
●社外品パーツは外すか、外せない場合は純正品パーツを積んでおく。
●売却時期は2月か8月が狙い目。
●車外・車内はきれいにしておき印象アップ。

いかがでしたでしょうか?

 

お得と聞けば金額だけのことに気が向きがちですが

人にはそれぞれ状況や感じ方は違ってきます。

いままで愛着もって乗ってきた車が高く評価してもらえることが一番ではありますが

決して、それだけが判断基準ではなく手間や時間

それまで長く付き合ってきた販売業者との付き合いなど

お金では評価出来ないことも多くあります。

1円でも高くとお金のことばかりに気にしすぎて悪徳業者に引っかかってしまったり

余計なトラブルに巻き込まれてしまったなんてことがないように

自分の信頼のおけるところへお願いすることが一番お得だと思いますので

 

これまでのポイントを抑え納得いく下取りなり買い取りとしてもらえればと思っております。

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG