チャイルドシートの選び方のコツと種類別のおススメ品はこれ

チャイルドシートにも様々な種類がありますよね。

 

「たくさん種類がありすぎて、どれを選んだらいいのかわからない!」ですよね。

 

私も子どもが生まれる時にチャイルドシートを見てきましたが、たくさん種類があり、どれも同じように見えてきて、どれがいいのか全くわかりませんでした。

 

なので、2回か3回はチャイルドシートを選ぶためにお店にも足を運びました。

 

チャイルドシートは長く使用するものですし、子どものためにもいいものを選びたいですよね。

 

では、今回はチャイルドシートの選び方と種類別のオススメのチャイルドシートについて紹介していきます。

 

<スポンサードリンク>

 

チャイルドシートの選び方

 

チャイルドシートには3つの種類、成長に合わせて変える事も可能です。

 

なので、その種類によって選ぶことも大切なのですが、他にも選ぶコツがあるんですね。

私は子どもが3人いますが、3人それぞれのチャイルドシートを選んできました。

 

では、その経験を生かし、チャイルドシートの選び方について紹介していきます。

 

新生児・乳児用の選び方

 

まずは新生児や乳児の場合のチャイルドシートの選び方についてです。

 

新生児や乳児である0歳~1歳用の専用チャイルドシートなるものがあります。

 

新生児や乳児の専用チャイルドシートのことを「乳児用チャイルドシート」と言います。

 

0㎏~13㎏の子どもなら乗ることができます。

 

今はチャイルドシートから座席を外すことがで移動させる事が可能ですよ^^

 

座席を外すことができれば、子どもが寝ていても起こさずに済むのでとてもオススメですね。

 

起こすとご機嫌が悪い時がありますからね・・・

 

新生児や乳児はまだ体も不安定なので、安全性が高く、クッション性のあるチャイルドシートを選んだほうが、安定して乗せることができます。

 

幼児用の選び方

 

幼児用のチャイルドシートは1歳~4歳まで乗ることになります。

 

なので、長く使用しても安全でシートなどが丸洗いできるものを選ぶようにしましょう。

 

1歳~4歳はチャイルドシート上でお菓子を食べたり、飲み物を飲んだりして、シートにこぼすこともありますからね。

 

丸洗いできたほうが汚れたときに洗濯でき、常に綺麗な状態にしておけるのでオススメです。

 

また、長く使用するので体が疲れないようなもの、360度回転するものなどもいいでしょう。

 

 

学童用の選び方

 

 

学童用シートは座面だけのタイプと背面があるタイプの2種類があります。

 

座面だけのタイプは普通のシートベルトを使用するために、高さを合わせるのに必要になってきます。

 

背面があるタイプは背中も疲れませんし、普通のシートベルトで固定出来るだけでなく、専用のベルトも装備されているのでオススメです。

 

4歳~6歳が対象となっていますが、4歳であれば、まだ普通のシートベルトだけでは不安もあるので、背面があるタイプのものを使用し、慣れてきたら座面だけのタイプのものでもいいでしょう。

 

私もその時の子どもの状況によってチャイルドシートを選びました。

 

親も安心して使用でき、子どもも乗っている間も楽なチャイルドシートを選ぶといいでしょう。

 

おススメのチャイルドシートまたは売れ筋のチャイルドシートは?

 

 

チャイルドシート種類別おススメ品

 

選び方を聞いても、どれがいいの?と思いますよね。

 

では、種類別にオススメのチャイルドシートをトップ5で紹介していきます。

 

新生児・乳幼児のおススメ品(トップ5)

まずは新生児、乳児のオススメのチャイルドシートです。

 

1位、 アップリカ フラディア グロウ ISOFIX 360°セーフティー プレミアム

こちらはアップリカが販売しているチャイルドシートです。

 

気になる、価格は74250円となり高額ですが、やはり赤ちゃんの安全の為に高くても購入する方は多いですね。

 

日本で新たに定められた安全基準を満たしており、全身を優しく包み込んでくれるクッションも装備されています。

 

また、紫外線や日光を遮るためにサイドシールドを装備。

 

安全面も高く、子どもも安心して乗ってくれるに違いありませんね。

 

 

2位、 コンビ ウィゴー ロング サイドプロテクション エッグショック HH

新生児が使用できるのはもちろんのこと、7歳まで使用可能です。

 

価格は、29670円となっておりますね。

 

新生児の頭をしっかりと守ってくれるエッグショックが付いているので、衝撃も吸収し、とても安全、安心です。

 

丸洗いも可能なので、汚れても安心ですね。

そんな事で選ばれているんでしょう!!

 

3位、 Cybex CBX Shima

ドイツのメーカーのチャイルドシートです。

 

価格は、12960円です。

 

チャイルドシートとしてだけでなく、キャリーとしても使用でき人気もありますね。

 

軽量タイプなので持ち運びも楽々です。

 

4位、タカタ TKAMZ001

デザイン自体はシンプルでありながら、機能性や乗り心地面では優れています。

 

価格は、10800円。

 

取り付けも簡単にでき、軽量モデルなので載せ替えも楽にできちゃいます。

 

また、ファイバーモールドクッションを採用することで、乗り心地も安定しています。

 

5位、 ジョイー Arc360°38606

360°回転可能なので、乗せたり、降ろすのも楽にできます。

 

価格は、24800円

 

新生児はもちろんのこと、4歳まで使用可能です。

 

丸洗いもできるので、4歳まで使用してもなにも問題はありません。

 

 

幼児用のおススメ品(トップ5)

 

次は幼児用のオススメチャイルドシートを紹介していきます。

 

1位、 エールベベ スイングムーンプレミアムALC460

1歳から使用可能。そして価格は、22800円。

 

安心の日本国内製なので、子どもを安心して乗せることができます。

 

年齢によって、様々な形に変化してくれるのでこれ1台あれば大丈夫です。

 

2位、 コンビ ジョイトリップ AMZ エアスルー

価格は、17500円

1歳から使用可能で、体温管理が苦手な子どものためにココチエアーが装備されています。

 

なので、通気性がよく、快適に乗ることができます。

 

座面自体には点で支えてくれるクッションが装備されているので、座り心地も抜群です。

 

軽量化設計、丸洗い可能なのでとてもオススメです。

 

3位、 コンビ ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG ブラウン

0歳~4歳まで使用できるチャイルドシートです。価格は20975円。

 

エッグショックを採用することで、赤ちゃんの頭をしっかりと守ってくれるだけでなく、サイドプロテクションαを採用しているので、側面からの衝撃などからも守ってくれます。

 

また、安心の日本製なので安心して使用できます。

 

4位、 レカロ スタート ゼロセブン アルトオレンジ RC550.07

0歳から7歳まで使用でき、子どもの体に合わせて進化させることができます。価格は、41040円。

 

また、レカロが独自で開発した頭部大型サイドプロテクションを採用することで、側面の衝撃からもしっかりと頭を守ってくれます。

 

見るからに頑丈そうですよね!

 

レザー素材を使用することで、高級感も演出してくれるのでオススメの1台です。

 

5位、 マキシコシ ツーウェイパール ノマドサンドQNY8790332140

6か月~4歳まで使用できます。価格は、37800円。

 

子どもの乗せ降ろしがしやすいように、STAY OPEN HARNESSを採用。

 

股のバックルから外すことで、自動的に語ベルトが跳ね上がり、ボタンやレバー操作が必要いハーネス調節も可能です。

 

 

学童用のおススメ品(トップ5)

 

そして、最後に学童用のオススメシートを紹介していきます。

 

1位 コンビ ジョイトリップ エッグショック GC エアーブラック

成長に合わせて長く使用できます。こちらも1歳から使用できます。

 

価格は、20800円。

 

また、安心のエッグショックを採用することで、頭をしっかりと保護してくれ、衝撃と振動にも備えてくれます。

 

通気性も抜群なので、長時間乗っていても安心です。

 

取り付けもとても簡単にできちゃいます。

 

2位、 グレコ ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR

価格は、5980円

衝撃があっても飛び出しを予防してくれ、頭を保護してくれるサイド・インパクト、プロテクションの採用をしています。

 

また、高さは6段階で調節できるので子どもの成長に合わせて形を変えることが可能です。

 

背もたれは取り外しでき、座面だけのタイプのものにすることも可能です。

 

3位、 コンビ ジョイトリップ AMZ エアスルー

価格は、17500円。

1歳から使用することができ、コンパクトタイプなので車内においても安心して使用可能です。

 

子どもがシートを汚してしまっても丸洗いできるので安心ですね。

 

通気性も抜群で、点で身体を支えてくれるので子どもにとっても快適なチャイルドシートです。

 

4位、 グレコ ジュニアプラス カラーズ レッド2045550


価格は、5480円。


3歳ごろから11歳まで使用でき、子どもの成長に合わせてヘッドサポートを調節できたり、背もたれの取り外しも可能です。

 

また、カップホルダーが2つ装備されているので、ジュースを置くことができるだけでなく、小物入れとしても活用できます。

 

使わない時は収納できるのでオススメです。

 

5位、 日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス ブラックボーダー

価格は、8960円

 

背中やヘッドパット、アンバーサポートにメッシュ生地を使用しているので、通気性がよく、長時間乗っていることができます。

 

1歳または9キロから使用可能で、持ち運びも出来ますしコンパクトに収納だって出来るんですね!!

 

 

 

チャイルドシートのタイプによって、様々な種類のチャイルドシートがあります。

 

子どもの年齢や使用頻度などによって、チャイルドシートを選ぶのはもちろんのこと、使いやすさや取り付けやすさなども重視して選ぶといいでしょう。

 

3種類買わなければ行けないと言う訳ではありませんし、長く使う物ですから良い物・安全な物を選びましょね^^

 

 

まとめ

チャイルドシートの選び方と種類別のオススメのチャイルドシートについて紹介してきました。

 

チャイルドシートは乳児用チャイルドシート、幼児用チャイルドシート、学童用ジュニアシートの3種類があります。

 

メーカーによって、その特徴や性能などは様々です。

 

乳児用のチャイルドシートを選ぶ場合、しっかりと子どもの体を保護してくれ、安全性の高いチャイルドシートを選ぶといいでしょう。

 

幼児用チャイルドシートを選ぶ場合、一番長期間使用するため、汚れても丸洗いできるもの、乗っていても疲れにくいものなどを選ぶといいでしょう。

 

学童用チャイルドシートを選ぶ場合、座面、背面どちらのタイプになるものや、普通のシートベルトをしても疲れないものなどを選ぶといいでしょう。

 

また、オススメのチャイルドシートも種類別に紹介してきました。

 

そのオススメのチャイルドシートも参考にしながら、自分の子どもにはどのチャイルドシートが合うのか?を考えて、慎重に選ぶようにしましょう。

 

 

<スポンサードリンク>
>カーコーティング・カーフィルム専門店

カーコーティング・カーフィルム専門店

本来の塗装の綺麗さを体感してみませんか? 大袈裟な謳い文句はありませんがコーティングの真実を知りたくありませんか? そんな当店のオーダーメイドコーティングを体感してみませんか?

CTR IMG